新富1丁目

更新日:2015年1月24日

帝都復興に伴い開発された角地に立ち並ぶ看板建築の町並み

建築群はいずれも木造2階で1階を店舗、2階を住居とした併用住宅群である。モルタル塗りの看板建築で、基本的な形状や窓の形態など統一感があるが、それぞれ若干意匠が異なり、変化に富んだ町並みとなっている。
角地部分の長屋は、隅切りの形状に併せて交差点に顔を向けた「角地型」の長屋となっており、個性的な表情を生み出している。
帝都復興で生み出された角地に当時の看板建築群が立ち並び、周囲が高層化する中で、歴史的ランドマークとなっている。