中銀カプセルタワービル

更新日:2015年1月24日

黒川紀章が設計した、世界で初めて実用化されたカプセル建築

メタボリズム建築の代表的作品である。
取り外しが可能な小さな住宅ユニットにより構成された画期的な建築であった。
当時流行したトヨタ・カローラより低価格な小型住宅として話題を呼んだ。
近年では六本木で実物大のカプセルが公開され、建て替えが決定した後も、保存を願う声があがっている。