Daiwa銀座ビル(旧リッカー会館)

更新日:2015年1月24日

ステンレス桟が垂直線を強調する、リノベーションされたビル建築

ステンレスの法立とガラスによるカーテンウォールを用いた、当時では先駆的なビルである。
外壁をダブルスキンとしたり、庇に間接照明を組み込む等、さまざまなアイディアが導入されている。
高度なデザイン感覚を示したゼネコンの作品として話題となった。
創建時外観を尊重しながら設備を一新した、リノベーションの好事例である。