三愛ドリームセンター

更新日:2015年9月2日

斬新なデザインが和光と対比をなす、銀座四丁目交差点のランドマーク

建築家林昌二とインテリアデザイナー倉俣史朗による斬新な建物である。
広告部分を大きくとって、ビル全体が広告塔としての役割を担った先駆的建物である。
法隆寺五重塔をヒントに建物の中心にエレベーターを配し、ビルを総ガラス化させた円筒型ビルである。
ビル最上部のネオンサインの広告が変わる度に話題となり、時代を映す建築である。