新喜楽 改造

更新日:2015年9月2日

日本二大料理屋、日本三大料亭の一つと言われる格式高い老舗料亭

吉田五十八が手がけた新興数寄屋建築の代表作である。
伝統的な格式を持ちながら、デザイン・設備など隅々まで細かい配慮が行き届く設計である。
芥川賞・直木賞の選考が毎年行われ、また、歴代の政治家、著名人などが通っていたことで知られている。