フィリップ証券

更新日:2015年1月24日

大オーダーに幾何学模様といった、過渡期デザインの小規模証券ビル

銀行建築を多く手がけた西村好時の作品として貴重である。
隣接する「山二証券」とともに歴史的町並みを形成し、ロケにも良く使われる。
大オーダーの列柱や幾何学模様を組み合わせ、古典様式や表現主義が折衷された個性的外観である。