第一菅原ビル

更新日:2015年9月2日

珈琲が楽しめる、茶褐色タイルのモダニズムビル

建築材科学の権威であった吉田享二が手がけた建築作品として貴重である。
枠取りした窓を規則的に並べたモダニズム建築である。
茶褐色の外壁タイル、階段室の縦長窓や丸窓などが印象的な外観となっている。
「椿屋珈琲店」の店舗として空間をうまく活用しており、内部空間を鑑賞することができる。