市川家住宅

更新日:2015年1月24日

門塀を構え、庭を持ち、奥に蔵を配する蛎殻町の邸宅建築

間口の大きい旧武家地の敷地に門塀を構えた、武家屋敷型の希少な建築である。
白漆喰の土蔵を奥に配している。
建具や欄間は洋風・モダンな造りとなっている。
建物の正面外観や門、塀、庭木が歴史的な街路景観を形成している。