大宗旅館

更新日:2015年1月24日

海産物問屋が建てた、門塀を構えた築地の旅館建築

間口の広い旧武家地の敷地に入母屋屋根をかけ、門塀を構えて庭を持つ武家屋敷型の建築である。
建具や欄間、風呂場や洗面台などに凝った意匠が施されている。
現在は旅館として活用されており、住居建築の内部空間を鑑賞することができる。
建物の正面外観や門、塀、前庭が歴史的な街路景観を形成している。