鉄板焼kurosawa(旧中村家住宅)

更新日:2016年5月23日

建築家が造りあげた、武家地の路地に建つ邸宅建築

大工棟梁ではなく、建築家が設計した近代和風建築である。
入母屋屋根、下見貼りの重厚な外観は、武家住宅を連想させる。
中央部に玄関を設け、両翼を左右対称の入母屋2階とした特徴的な外観となっている。
武家地内の路地の屈曲点に位置し、重厚な外観が歴史的ランドマークとなっている。
当時の間取りや内装を活かしながら、鉄板焼き屋に転用した活用の好例である。