つきじ治作

更新日:2015年1月24日

明石町でひときわ目をひく、区内最大級の本格的料亭建築

中庭を囲むロの字型平面で、区内でも規模が大きい本格的料亭建築である。
サルスベリの床柱、床板の木象眼など、随所に凝った細部意匠を見出すことができる。
戦前日本の割烹王と言われた本多次作の東京初の記念碑的店舗である。
大川(隅田川)沿いに料亭が立ち並んだかつての雰囲気を今に伝える建物である。
大規模な主屋や門塀の外観が、明石町の歴史的ランドマークになっている。