間瀬家住宅

更新日:2015年1月24日

築地仲買人が建てた、日本橋蛎殻町の専用住宅建築

町家風ながら、片流れ屋根で玄関を持つ付属部を側面につけた特徴的な外観である。
築地仲買人が建て、現在も居住している住宅で、地域の歴史を伝える貴重な建物である。
大きな神棚や金庫など、商人の住宅としての特徴を備えている。
震災後の創建で、トタン葺きの軽い屋根、モルタル塗りの境壁などの配慮が見られる。