北村家

更新日:2016年5月23日

路地に面して立つ、江戸時代の骨格を残した質の高い長屋建築

1階軒周りや建具などが丁寧に造られており、質の高い長屋建築である。
2階は開放性が高く、採光と通風に配慮した造りとなっている。
江戸時代の絵画に示された路地の沿道にあり、路地の履歴を知る上で興味深い建物である。
奥には長屋が並び、路地の歴史的空間を形成し、群として残る。