中島商会

更新日:2015年9月2日

石川島播磨重工業があった時代の佃の賑わいを伝える元小料理屋

正面を銅板貼りとして軒を立ち上げ、陸屋根風に見せる看板建築の典型的な建物である。
軒周り、パラペット部分や上端の装飾、戸袋など、銅板貼り看板建築の中では凝った意匠を持っている。
商品陳列棚、鉄扉と漆喰壁による灯油倉庫、入母屋の3階座敷など、細部にも特徴がある。
小料理屋から油脂及び雑貨屋となり、手を入れながら大切に使い続けられている。