京粕漬魚久

更新日:2015年1月24日

老舗粕漬屋が活用する、角地型モルタル塗り看板建築の代表例

帝都復興における角地隅切りに配慮してデザインされた、角地型モルタル塗り看板建築である。
窓枠や軒周りの装飾等、洋風の意匠が取り入れられていて興味深い。
老舗粕漬屋が水天宮に続き日本橋人形町に開いた店舗で、老舗の変遷を伝えている。
元々の意匠を尊重し、老舗のイメージを継承した改修を行っている。