日本橋人形町

更新日:2016年5月23日

武家地を中心に形成された間口の広い町並み

もとは武家地であった土地を中心に形成されたまちであり、敷地の細分化が進んだのが昭和初期以降であるため、間口が広い敷地割が多い。そのため、間口が広く奥行きの浅い震災後の通りに面した看板建築や、明治前期に通された狭い路地に面する間口が広く、奥行きが浅い仕舞屋が立つ町並みとなった。現在の通り・路地は、概ね戦前に完成されたものである。