うぶけや

更新日:2015年9月2日

芸者衆が愛した、数寄屋風内装が目を引く刃物屋

典型的な町家の構えを良く残している。
高名な書家による木製看板、ガラス窓の陳列棚等、凝った外部意匠となっている。
土間の唐傘天井、造り付け陳列棚など、内部空間は数寄屋風の優れた意匠となっている。
芸者衆が食材を切る「懐中鋏」を扱う、花柳界であった日本橋人形町を象徴する店舗である。