丸山家住宅

更新日:2015年1月24日

築地で海苔屋を営む、土間が良く残る商家建築

卸売市場の移転とともに築地に移転してきた、乾海苔問屋を営む商家の住宅である。
人見梁、ヒノキの窓枠、屋久杉の天井板など、厳選された材料が随所に使用されている。
築地二丁目にあって、特徴ある路地景観を形成している。
所有者により和の文化の発信地として位置づけられ、良く維持管理され、保存状態が良い。