久長家住宅

更新日:2015年1月24日

町家から看板建築への移行を示す、入船の元米屋

典型的な町家の構えを持ちながら、一部に銅板を貼付け、看板建築への過渡期を示す。
俵を積むために1階の土間の天井を高くする等、米屋としての建築的特徴をよく備えている。
側面に玄関と廊下を設け、米俵を積む土間と生活の場である居間及び勝手口を区分けした間取りの特色を持つ。
入船地区にあって、太平洋戦争中の建物疎開を奇跡的に逃れ残存した建物である。