災害時簡単料理レシピ~「日常備蓄」のすすめ~

更新日:2017年9月11日

「日常備蓄」のすすめ

災害時は、電気、ガス、水道の停止や食料品、日用品の入手困難といった最悪の事態も考えられます。水、食料、簡易トイレを備えておきましょう。また、普段使っている薬や、生活する上で無くては困るものなど、各ご家庭に合った備えをしておくことが大切です。
※内閣府では1週間分の備蓄を推奨しています。

一週間分の献立とレシピ

災害が発生した場合を想定し、一週間分の献立とレシピを作成しました。
紹介している料理の作り方は、レシピ集のページをご覧ください。
料理名の後に、レシピ集のページ数を掲載しております。

【発災後~3日目 ライフラインが停止している状況でもすぐ食べられるレシピ】
1日目
朝食:缶詰のパン、ジュース(JPG:28KB)
昼食:アルファ化米の豆茶飯(p2)(JPG:57KB)
夕食:アルファ化米のわかめごはん、ガスパチョ(p8)(JPG:53KB)

2日目
朝食:栄養補助食品、フルーツ缶(JPG:25KB)
昼食:アルファ化米の白米、ドライカレー(p9)(JPG:57KB)
夕食:缶詰ごはん、いかと大豆とひじきの煮物(p10)(JPG:58KB)

3日目
朝食:クラッカー、レトルト野菜スープ、チーズケーキ缶(JPG:27KB)
昼食:缶詰のパン、いわし味付缶のトマト煮風(p11)(JPG:23KB)
夕食:レトルトおかゆ、ツナと切り干し大根のマヨ和え(p12)(JPG:54KB)

【4日目~7日目 最小限の道具で調理できて温かいものが食べられるレシピ】
4日目
朝食:レトルト(パック)ごはんを使った雑炊(p5)、ミックスビーンズのあんこ玉(p14)(JPG:58KB)
昼食:お好み焼きもち(p6)、わかめと鮭のらっきょうサラダ(p11)(JPG:59KB)
夕食:ごはん(p3)、麻婆高野豆腐(p9)、冷や汁(p8)(JPG:57KB)

5日目
朝食:コーンパンケーキ(p13)、野菜ジュース(JPG:22KB)
昼食:切り干し大根の焼きそば風(p12)、大豆あんみつ(p14)(JPG:59KB)
夕食:焼き鳥ひじきごはん(p4)、みそ汁(p7)(JPG:60KB)

6日目
朝食:クラッカー、オーロラコーン(p9)(JPG:63KB)
昼食:ごはん(p3)、サバ缶とわかめのごま和え(p11)、デザート(羊かん)(JPG:23KB)
夕食:カレーもち(p6)、ひじきとコーンのなめたけ和え(p10)(JPG:53KB)

7日目
朝食:スープもち(p5)、大豆のゆかり和え(p10)(JPG:59KB)
昼食:オレンジパンケーキ(p13)、イタリアン切り干し大根(p12)(JPG:55KB)
夕食:なめたけ鮭ごはん(p4)、クリームコーンスープ(p8)(JPG:56KB)

レシピ集はこちら

家庭でも手に入りやすい食材を使用し、簡単に調理できるレシピをご紹介しています。災害時に限らず普段の食事にもお役立てください。

ローリングストック法

日常生活で使う食材や飲料水(ペットボトルの水)を多めに用意して、消費した分を補充する方法をローリングストック法と言います。この方法を日常から行っておけば、いざという時に困らなくて済みます。

4人家族をイメージした1週間分の災害食備蓄の例をご紹介します。ご家庭での備蓄に、ぜひお役立てください。

11月19日は「備蓄の日」!1年に1度はびち(1)く(9))の確認

首都直下地震等の大規模災害に備え、食べ物や日用品を少し多めに備える「日常備蓄」を実践しましょう。

11月19日は各家庭で備蓄状況を確認してもらうための日としています。
ぜひ、この機会にご家庭で防災についてお話しをしていただき、
備蓄品の「賞味期限切れのチェック」や、「買い足し」を行ないましょう。

東京都リンクページ:外部サイトへリンクhttp://www.bousai.metro.tokyo.jp/1001855/(外部サイトへリンク)

お問合せ

防災課普及係
電話:03-3546-5510
ファクス:03-3546-5708