広域避難場所

更新日:2017年7月3日

大地震などで大火災が発生し、延焼が拡大したときの避難場所として、大規模公園等を東京都が指定しています。町丁目、町会などの単位で地区割当があります。
「地区内残留地区」は、木造の建物が少なく街区のほとんどがビルに囲まれているため、火災が発生しても延焼しにくいと想定される地域です。基本的には広域避難場所への避難は不要ですが、防災関係機関から避難勧告が出された場合には、その指示に従って指定の場所へ避難することになります。

広域避難場所
広域避難場所 町名
外部サイトへリンクあかつき公園一帯(外部サイトへリンク) 築地四丁目8~16番、築地六丁目1~19番、21~26番、築地七丁目
外部サイトへリンク新川ツインビル地区(外部サイトへリンク) 新川
外部サイトへリンク佃リバ-シティ地区(外部サイトへリンク) 入船、湊、佃
外部サイトへリンク晴海地区(外部サイトへリンク) 月島、勝どき、豊海町、晴海
地区内残留地区 八重洲、京橋、銀座、新富、明石町、築地一~三丁目、築地四丁目1~7番、築地五丁目、築地六丁目20・27番、浜離宮庭園、八丁堀、本石町、室町、本町、小舟町、小伝馬町、大伝馬町、堀留町、富沢町、人形町、小網町、蛎殻町、箱崎町、馬喰町、横山町、東日本橋、久松町、浜町、中洲、日本橋、茅場町、兜町

※日本橋の冠称は省略

広域避難場所への避難は、防災区民組織・町会などで集団をつくり避難する方法が有効なため、区が安全性や地域性を基準に一時(いっとき)集合場所を選定しています。

お問合せ

防災課普及係
電話:03-3546-5510
ファクス:03-3546-9557