このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
中央区
  • サイトマップ
  • トップページへ戻る
サイトメニューここまで

現在のページ


本文ここから

中央区民文化財39 鉄製大釜残欠(てつせいおおがまざんけつ)

更新日:2016年9月1日

区民有形民俗文化財 所在地:日本橋小網町6番1号 釜屋もぐさ

江戸名物の切艾の本家である釜屋もぐさ店は、近江の出身であり、万治2年(1659)の創業の時は、鍋釜等を扱う廻船問屋でした。
そうした釜屋の由来を銘文に鋳出した大釜は、江戸以来、看板兼天水桶として店先に置かれ、また釜屋の商標としても、人々によく知られていました。
大釜は、関東大震災による亀裂や太平洋戦争での金属供出などの影響を受けて、銘文部分を残すのみとなりましたが、江戸の商家の歴史を今日に伝えています。

鉄製大釜残欠
鉄製大釜残欠

お問い合わせ

タイムドーム明石(中央区立郷土天文館)
電話03-3546-5537

本文ここまで

サブナビゲーションここから

中央区文化財

緊急・防災情報

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

中央区役所

〒104-8404 東京都中央区築地一丁目1番1号電話:03-3543-0211(代表)アクセス・地図・開庁時間
窓口受付案内:午前8時30分から午後5時
Copyright © Chuo City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る