このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
中央区
  • サイトマップ
  • トップページへ戻る
サイトメニューここまで

本文ここから

中央区民文化財89 震災復興橋梁図面(しんさいふっこうきょうりょうずめん)

更新日:2016年9月1日

区民有形文化財 歴史資料 所在地:明石町12番1号 郷土天文館

本資料群は、大正12年(1923)に発生した関東大震災からの復興の過程で架橋された震災復興橋梁の図面16橋分(うち、7橋が現存)です。
図面は全て手書きで記されており、1橋あたり7葉から多いもので26葉に及びます。その中には、「平面図」や「一般構造図」といった橋梁本体のものだけではなく、「橋台構造図」「床版鉄筋配置図」「横桁構造図」「鉄桁構造図」などの各部位や、親柱・橋名板・高欄・照明灯などの添架物が含まれています。
震災復興橋梁は、大地震に耐えうる恒久性を求めた設計がなされており、かつデザイン的にもそれぞれが高く評価されています。その原図面である本資料は、橋梁の具体的な構造や当時の技術などを知ることができる土木資料として、極めて貴重です。

お問い合わせ

タイムドーム明石(中央区立郷土天文館)
電話03-3546-5537

本文ここまで

サブナビゲーションここから

中央区文化財

緊急・防災情報

よくある質問

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

中央区役所

〒104-8404 東京都中央区築地一丁目1番1号電話:03-3543-0211(代表)アクセス・地図・開庁時間
窓口受付案内:午前8時30分から午後5時
Copyright © Chuo City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る