このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
中央区
  • サイトマップ
  • トップページへ戻る
サイトメニューここまで

本文ここから

プロフィール

更新日:2017年7月1日

中央区長 矢田美英(やだ よしひで)


昭和15年6月2日 中央区新富町で生まれる。
区立京橋小学校、明正中学校、都立江北高校卒業。
昭和39年 慶應義塾大学法学部法律学科卒業。
昭和42年 米国ミズーリ州立大学ジャーナリズム学科卒業。
昭和42年 共同通信社入社 国際局海外部、編集局政治部勤務。
昭和62年3月 首相官邸記者クラブのキャップを最後に同社を退社。
 この間 昭和52年8月 福田赳夫首相が出席したクアラルンプールでの東南アジア諸国連合(ASEAN=タイ、インドネシア、フィリピン、マレーシア、シンガポール)首脳会議、およびASEAN5カ国とミャンマー歴訪を同行取材。
昭和56年5月 米国ワシントンでの鈴木善幸首相とレーガン米大統領との日米首脳会談を同行取材。この会談で「日米同盟」を初めて確認し合った。
昭和56年10月 鈴木首相が出席したメキシコ・カンクンでの南北サミット(協力と開発に関する国際会議)を同行取材。
昭和58年4月 中曽根康弘首相が歴訪したASEAN5カ国とブルネイを同行取材。
昭和59年6月 中曽根首相が出席した英国ロンドンでの先進国首脳会議(サミット)および各国首脳との個別会談を取材。
このほか、昭和50年7月自民党初の北朝鮮訪問団(団長=田村元氏)に加わり、当時の金日成主席と会見するなど海外取材も豊富。
昭和62年4月 中央区長選に初当選。以来、今日まで区長を務める。
この間 平成11年5月から平成13年5月まで特別区長会副会長
      平成13年5月から平成15年5月まで特別区長会会長

兼職等
 東京都港湾審議会委員
 東京高潮対策促進連盟副会長
 東京都交通安全対策会議委員
 東京都後期高齢者医療広域連合協議会委員
 特別区長会幹事
 特別区人事・厚生事務組合副管理者
 公益財団法人特別区協議会評議員
 東京都市区長会理事
 全国市長会評議員
 全国市長会行政委員会委員
 公益財団法人都民劇場理事
主な賞勲歴 オランダ・マルグリット王女への対応に関する「感謝状」(平成元年4月)
厚生大臣表彰(国民年金事業の優良区市町村)(平成元年11月)
オーストラリア建国200周年記念「感謝状」(平成2年1月)
第1回日本生活文化大賞
 (特別養護老人ホーム・中学校・保育園の世代交流型複合施設)(平成4年3月)
第5回ソフト化大賞
 (特別養護老人ホーム・中学校・保育園の世代交流型複合施設)(平成4年10月)
外務大臣表彰(日仏友好親善の促進)(平成5年7月)
「小さな親切」実行章(平成5年10月)
フランス共和国国家功労賞「オフィシェ章」(平成9年2月)
法務大臣表彰(戸籍制度の充実発展)(平成9年10月)
日本赤十字社「金色有功章」(平成11年10月)
郵政事業庁長官「感謝状」(簡易保険協力地方公共団体)(平成13年5月)
日本赤十字社東京都支部「感謝状」(赤十字事業の伸展)(平成15年6月)
総務大臣表彰(地方自治発展向上)(平成19年10月)
東京消防庁「感謝状」(火災警報器の設置促進)(平成22年8月)
全国市長会自治功労者表彰(地方自治振興)(平成24年6月)
政治姿勢 「わかりやすい政治の確立」と「血のかよった行政の実現」
政治信条 政治倫理の確立と綱紀粛正
好きな言葉 「人集まらずして繁栄なし」「人生意気に感ず」
「真実は自由な話し合いの中から生まれる」「至誠」「初心忘るべからず」
「過(あやま)ちを改(あらた)むるに憚(はばか)ること勿(なか)れ」
趣味 囲碁(日本棋院6段)、将棋、読書、ウォーキング
スポーツ 見るのもするのも大好き。特に水泳が得意。
中学時代は剣道、高校時代は柔道に打ち込む。
身長/体重 177cm/70kg
本文ここまで


以下フッターです。

中央区役所

〒104-8404 東京都中央区築地一丁目1番1号電話:03-3543-0211(代表)アクセス・地図・開庁時間
窓口受付案内:午前8時30分から午後5時
Copyright © Chuo City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る