中央区ホームページ
広報紙「区のおしらせ 中央」へ戻る この号の目次へ戻る

本文ここから
区のおしらせ 中央
平成31年1月11日号

平成30年度
第2回オリンピック・パラリンピックに関する講演会
困難を乗り越えて見つけた「自分らしさ」

東京2020大会では「全ての人が自己ベスト」をコンセプトの一つに掲げ、他人との優劣ではなく、互いを理解し、多様性を尊重した上で自分自身の目標に向かってベストを尽くすことができる社会の実現を目指しています。
今回は、自分の受けたハンデをものともせず、自分だからこそできるダンスを追い求め続ける義足のプロダンサー・大前光市さんにご講演いただきます。
大前さんは、プロダンサーを目指していた24歳のときに交通事故で、左足の切断を余儀なくされました。それから10年間、苦悩と挫折を繰り返しながらも再びダンスの勉強を始め、さまざまな長さの義足や車椅子を使ったダンススタイルを追求されました。それが認められたことで2016年にはリオパラリンピックの閉会式に出演され、義足のダンサーとしてソロを踊り、世界から賞賛を浴びました。現在は全国各地でダンスの公演やイベント出演をするなど、精力的に活動されています。
講演会当日は、数々の困難を乗り越え「自分らしさ」を表現し続けるダンサーとしての情熱や、リオパラリンピック閉会式での経験などをお話しいただくとともに、ダンスも披露していただきます。

大前光市さん
▲大前光市さん

日時
2月6日(水曜日)
午後6時から7時30分(午後5時30分開場)

会場
区役所(外部サイトへリンク)8階大会議室

対象
区内在住・在勤・在学者

定員
100人(先着順)

費用
無料

申し込み方法
1月15日(火曜日)から電話、ファクスまたは区のホームページの電子申請から(1)オリンピック・パラリンピックに関する講演会(2)氏名・ふりがな(3)郵便番号・住所(4)電話番号(5)区内在勤・在学者は勤務先・在学先の名称・所在地を記入して申し込む。

【問い合わせ(申込)先】 
オリンピック・パラリンピック調整担当課事業調整係
電話 03-3546-5226

本文ここまで

以下 奥付けです。

Copyright (c) Chuo City. All rights reserved.