中央区ホームページ
広報紙「区のおしらせ 中央」へ戻る この号の目次へ戻る

本文ここから
区のおしらせ 中央
平成29年12月21日号

「区長への手紙」から

区民の皆さんからの意見・要望・提案などをお聴きする「区長への手紙」をご存じですか。区施設のカウンターに備えてある広聴はがきの他、区のホームページ(トップページに投稿フォームがあります)、ファクス、投書箱でも受け付けています。
回答は、文書(郵送)、電話、Eメールなどで行います。匿名やEメールアドレスのみの場合など、住所、氏名が不明確な場合は回答できませんのでご了承ください。
なお、お寄せいただいた内容を具体的にお聴きする場合もありますので、電話番号などの連絡先の記入をお願いします。
ここで、平成29年度前半に寄せられた「区長への手紙」の中から、いくつかを紹介します。

 月島図書館(外部サイトへリンク)がもう少し佃から近ければいいなと思いながら利用しています。図書館で予約した本の受け取りや返却を佃児童館(外部サイトへリンク)シニアセンター(外部サイトへリンク)でもできるようにしてください。人口増加傾向でもあり、勝どき・晴海エリアでもニーズがあると思います。(4月投書)
 佃児童館(外部サイトへリンク)シニアセンター(外部サイトへリンク)での予約図書の受け取りや返却については、各施設の通常業務への影響や図書資料の運搬経費の増大などの課題もあり、現時点での対応は困難です。なお、返却書籍を投入できる「ブックポスト」を区施設に設置することを検討していきます。

 今後発生が予想される東海地震などでは、長周期振動が発生すると考えられています。そこで次の2点について教えてください。(1)区内高層ビルについてどの程度、長周期振動に耐えられるのか。(2)制振補強などの対策は実施されているのか。(5月投書)
 (1)南海トラフ沿いの巨大地震に対しては倒壊までには強度的に一定の余裕があると推察されますが、相模トラフ沿いの地震などでは建設時の想定を上回る恐れもあり、国の発表などを注視しています。(2)制振補強などを実施した建物は少ないと推測します。

 中央区でもふるさと納税ができるようにしてほしいです。返戻品目的ではなく「もっと祭りへ」、「子育て支援へ」などと使い道を指定して納税したいです。
(6月投書)
 すでにふるさと納税として受け付けており、寄付者の希望する使い道に応じて、該当する所属で、指定のない場合は総務課で受け付けています。今年度、新たな寄付の仕組みを構築するため調査を行い、返礼品に頼らないふるさと納税を創設していきます。

 自立支援医療の申請窓口は、平日の午後5時までしか開いておらず、通常の労働者が申請をすることは不可能です。日曜日に申請できるようにするなど最低限の窓口を設けるべきです。区は公務を執行しているとは思えません。(7月投書)
 区民生活に関わりの深い業務については、毎週水曜日午後7時まで、区役所(外部サイトへリンク)の窓口時間を延長しています。障害者福祉課では、自立支援医療の申請受け付けの他、障害者手帳の手続きや手当ての申請受け付けなども行っていますので、ご利用ください。

 黎明橋通りと晴海通りで屋形船の客待ちバスの違法駐車が後を絶ちません。晴海通りでは自転車レーンをふさいで駐車しています。警察にも主張しましたが行政として何か手はないですか。(7月投書)
 区から船着場を利用登録している全ての船会社に対し文書で注意するとともに、船着場協議会において周知しています。併せて繁忙期に船着場管理業務会社からバス運転手に指導をしています。再度、全ての船会社に注意を行います。

 屋外スピーカーから光化学スモッグ注意報発令について放送されましたが、アナウンスが高層マンションに反響して内容がほとんど聞き取れませんでした。アナウンスではなく内容ごとに違うメロディを数分間流すなどの放送システムが無駄にならない方法はないですか。(8月投書)
 都心区としてビジネスマンなどさまざまな方が来訪されるためメロディでは難しく、音声放送が必要です。定期的にスピーカーの向きを改善し聞き取りやすい環境に努めています。情報の的確な把握のため「緊急告知ラジオ」や「安全・安心メール」もご利用ください。

 勝どきエリアの人口増に伴い、図書館、保育園、飲食店、交通機関の充実を要望します。港区と勝どきがつながる3号線の開発やバスの2号線経由により港区などへのアクセスを充実させるなどより暮らしやすい環境へのサポートをお願いします。(9月投書)
 施設の配置・利用状況などを分析・検討し、財政状況も鑑みながら公共施設の整備を進めていきます。飲食店については、大規模再開発時に生活関連店舗が整備されるよう指導していきます。交通環境の改善については、9月29日付けで都に要望しました。


紹介したものの他、防災に関するもの、児童館に関するものなど、さまざまなご意見ご要望がありました。
なお、区の事業以外のものについては、国や都の担当機関に対応を依頼する場合もあります。

【意見などの送付(問い合わせ)先】 
〒104-8404
中央区築地1-1-1
広報課広聴係
電話 03-3546-5222
ファクス 03-3546-2095

本文ここまで

以下 奥付けです。

Copyright (c) Chuo City. All rights reserved.