中央区ホームページ
広報紙「区のおしらせ 中央」へ戻る この号の目次へ戻る

本文ここから
区のおしらせ 中央
平成29年8月11日号

子宮がん・乳がん検診の実施

子宮がん検診

会場 
区内検診実施医療機関
◎受診できる医療機関については、受診券と同封(または受診券の裏面)の「実施医療機関名簿」をご覧ください。

対象
区内在住の20歳以上(平成10年3月31日以前に生まれた方)の女性で、4月1日から平成30年3月31日までの間に誕生日に達して偶数歳になる方および昨年度子宮がん検診を受診していない奇数歳の方

内容
・子宮頸がん検診
 問診、視診、細胞診、内診
・子宮体がん検診(区の子宮頸がん検診受診者で医師が必要と認めた方のみ)
・子宮体部細胞診

申し込み方法
・20歳から78歳までの偶数歳の方
 4月下旬に送付した受診券をご覧ください。
・昨年度未受診の奇数歳の方および80歳以上の方
 福祉保健部管理課保健係へ電話で申し込む(電子申請も可)。

乳がん検診

会場
・区内検診実施医療機関
・東京都予防医学協会(新宿区市谷)

対象
区内在住の36歳以上(昭和57年3月31日以前に生まれた方)の女性で、4月1日から平成30年3月31日までの間に誕生日に達して偶数歳になる方および昨年度乳がん検診を受診していない奇数歳の方

内容
問診、視触診、マンモグラフィ(乳房エックス線)検査

申し込み方法
受診する医療機関によって申し込み方法が異なりますので、ご注意ください。
・区内検診実施医療機関
 36歳から78歳までの偶数歳の方は4月下旬に送付した受診券をご覧ください。
 昨年度未受診の奇数歳の方および80歳以上の方は福祉保健部管理課保健係へ電話で申し込む(電子申請も可)。
・東京都予防医学協会
 福祉保健部管理課保健係へ電話で申し込む。

申し込み上の注意
次の方は、乳がん検診ができませんので、ご注意ください。
・妊娠中の方または妊娠している可能性がある方
・授乳中または断乳後、半年未満の方
・乳がんの手術後10年経過未満で治療を継続している方
・豊胸手術をした方
・腰痛などのため、立って体を反らすことが難しい方
 次の方は問診・視触診の結果によっては、マンモグラフィ検査ができない場合があります。
・乳腺のはりが強い方
・心臓ペースメーカーを使用している方
・マンモグラフィ検査ができないと医師が判断した方

次の方は、検診ではなく医療機関での診療をお勧めします。
・乳腺の病気がある方
・しこりや乳頭分泌など、いつもと違う症状がある方
◎閉経前の方が検診を受ける時は、月経が終わって1週間くらいの時期に検査を受けると、検査時の圧迫による痛みが緩和されます。

共通

日時
12月28日(木曜日)までの検診実施医療機関の診療時間中
◎東京都予防医学協会についてはお問い合わせください。

費用
無料(ただし、精密検査および検診内容以外の検査は受診者負担)

【問い合わせ(申込)先】 
福祉保健部管理課保健係
電話 03-3546-5397

本文ここまで

以下 奥付けです。

Copyright (c) Chuo City. All rights reserved.