中央区ホームページ
広報紙「区のおしらせ 中央」へ戻る この号の目次へ戻る

本文ここから
区のおしらせ 中央
平成29年5月11日号

紡ぎゆく100年 子どもに寄り添う70年
民生委員制度100周年 児童委員制度70周年

民生委員制度は大正6年(1917)に岡山県で発足した「済世顧問制度」に始まります。翌年には大阪府で「方面委員制度」が発足し、昭和3年に全国に普及、昭和21年に民生委員令が公布され、名称も民生委員に改まりました。昭和22年(1947)には児童福祉法が公布され、児童委員を兼ねることとなり、今年で民生委員制度100周年、児童委員制度70周年を迎えます。民生委員・児童委員は、地域住民の立場にたって地域の福祉を担うボランティアです。

写真:鈴木 英子さん

中央区民生・児童委員協議会代表会長
鈴木 英子さん

写真:小村 眞理さん

日本橋地域民生・児童委員協議会会長
小村 眞理さん

写真:山崎 修さん

月島地域民生・児童委員協議会会長
山崎 修さん

写真:加藤 惠子さん

日本橋地域民生・児童委員協議会副会長
(主任児童委員)
加藤 惠子さん


民生委員制度創設100周年シンボルマーク
▲民生委員制度創設100周年シンボルマーク

民生・児童委員のイメージキャラクター「ミンジー」
▲民生・児童委員のイメージキャラクター「ミンジー」


●5月12日は「民生委員・児童委員の日」です
全国民生委員児童委員連合会では5月12日を「民生委員・児童委員の日」と定めています。
全国で約23万人、区内では99人の民生委員・児童委員が誰もが安心して生活できる地域づくりのために日々活動しています。

●民生委員・児童委員ってどんな人?
民生委員は厚生労働大臣から委嘱された非常勤の地方公務員で、児童福祉法に定める児童委員を兼ねています。
地域の皆さんの福祉に関する相談に応じ、必要な福祉サービスにつなげるよう行政のパイプ役を担っています。

●こんなときはご相談を
「1人暮らしの高齢者で不安」、「子育てで悩んでいる」、「体が不自由で困っている」などさまざまな相談に応じ、支援を行っています。 また相談を受けた内容については、秘密を守ることが義務付けられていますので、お気軽にご相談ください。

●主任児童委員とは?
子どもや子育て家庭への支援を専門に担当する民生委員・児童委員です。
児童福祉関係機関と区域担当民生委員・児童委員との連絡役となって、協力して活動を行います。

写真

区内での活動

次のような活動を行っています。

「あかちゃん天国」のお手伝い
区内の各児童館で実施している「あかちゃん天国」で子どもたちの様子を見守り、お母さんやお父さんたちの相談相手となっています。

1人暮らし高齢者などの訪問調査
いつもと変わりがないか、困っていることはないかなど、普段の見守りにつなげる訪問活動を行っています。

車いすへの理解向上に向けた活動
子どもフェスティバルや健康福祉まつりに「車いす体験コーナー」のブースを設置し、啓発に努めています。

子育て支援イベントの実施
3年に1度、区内在住の親子を対象に歌や体操で一緒に遊べるイベントを開催しています。
◎地域ごとに担当の委員がいますので、詳しくはお問い合わせください。

【問い合わせ(申込)先】 
福祉保健部管理課庶務係
電話 03-3546-5393

本文ここまで

以下 奥付けです。

Copyright (c) Chuo City. All rights reserved.