中央区ホームページ
広報紙「区のおしらせ 中央」へ戻る この号の目次へ戻る

本文ここから
区のおしらせ 中央
平成29年3月21日号

答申にあたって
中央区基本構想審議会 会長 竹内 誠

平成28年2月9日に中央区基本構想審議会が設置され、中央区長から20年後を展望した「中央区基本構想」および「中央区基本計画に盛り込むべき施策のあり方」について諮問され、以来約1年間にわたり慎重に審議を重ねてまいりました。
審議会では、多岐にわたる行政課題を分野ごとに整理し、3つの専門部会に分かれて検討を行いました。そして、起草委員会を設置し、専門部会の審議結果や審議会での意見に基づき、昨年10月に「中間のまとめ」として、20年後の中央区の将来像や横断的な施策の方向性をまとめ、区民の皆様から広く意見を求めるパブリックコメントを実施いたしました。この「中央区基本構想等に関する答申」は、区民の皆様からいただいた意見に基づき修正を加え、さらに、審議会や起草委員会で検討を重ね、取りまとめたものです。
中央区は、江戸以来の歴史と伝統を背景に日本を代表する都市に成長し、さらなる発展が期待される自治体であり、今まさに次世代に向けて進化の時を迎えております。
住む方、働く方、訪れる方が安心して集い、幸せを享受できる地域社会を構築していくためにも、区民をはじめ、さまざまな主体が一層協力しながら、他の地域とは一味も二味も違う中央区ならではの魅力あふれる地域づくりを進めていけるものと考えております。
当審議会では、すべての人々が幸せを実感し誇りを持てる都心「中央区」を目指して、中央区の将来像を「輝く未来へ橋をかける 人が集まる粋なまち」としました。今後、この答申が区の施策に十分に反映され、将来像の実現に向けた取組がなされるよう切に望みます。
なお、答申にあたり、長い間審議にご協力いただいた、審議会委員、幹事、並びに貴重なご意見をお寄せくださった区民の方々に心から御礼申し上げます。

「中央区基本構想等に関する答申」の構成

答申文
答申にあたって

答申1 中央区基本構想
 第1章 基本構想の策定にあたって
   1 新たな基本構想策定の背景と目的
   2 基本構想の役割と理念
 第2章 中央区の将来像と基本的な方向性
   1 中央区の将来像
     輝く未来へ橋をかける 人が集まる粋なまち
   2 将来像の実現に向けた基本的な方向性
    (1) 「中央区スタイル」を確立し、世界に輝く東京を創造
    (2) 歴史と伝統を継承し、多彩な魅力があふれる美しいまちを形成
    (3) 誰もがあこがれ、住みたい・働きたい都心の実現
    (4) 未来を切り拓く力を育む「創造の場」の構築
    (5) 多様な絆が融合した「プロアクティブ・コミュニティ」の確立
 第3章 施策のみちすじ
   1 一人一人の生き方が大切にされた安心できるまちを目指して
   2 快適で安全な生活を送るための都市環境が整備されたまちを目指して
   3 輝く個性とにぎわいが躍動を生み出すまちを目指して
 第4章 基本構想実現のために

答申2 中央区基本計画に盛り込むべき施策のあり方
 第1章 はじめに
 第2章 基本構想の体系
 第3章 現況と課題
 第4章 基本計画に盛り込むべき施策の方向
   1 一人一人の生き方が大切にされた安心できるまちを目指して
   2 快適で安全な生活を送るための都市環境が整備されたまちを目指して
   3 輝く個性とにぎわいが躍動を生み出すまちを目指して

参考資料
 諮問文
 諮問にあたっての趣旨説明
 中央区基本構想審議会委員等名簿
 中央区基本構想審議会審議経過

本文ここまで

以下 奥付けです。

Copyright (c) Chuo City. All rights reserved.