中央区ホームページ
広報紙「区のおしらせ 中央」へ戻る この号の目次へ戻る

本文ここから
区のおしらせ 中央
平成29年3月21日号

中央区基本構想審議会 基本構想を答申
中央区の将来像は
輝く未来へ橋をかける 人が集まる粋なまち

写真:矢田区長に答申を手渡す竹内会長
▲矢田区長に答申を手渡す竹内会長

区では、20年後の中央区を展望し、区民生活やまちの姿などの将来像を描くとともに、その実現に至る道筋を明らかにするため、昨年2月に公募区民5人を含む38人で構成される中央区基本構想審議会を設置し、「中央区基本構想」および「中央区基本計画に盛り込むべき施策のあり方」について検討をお願いしました。その最終結果がこのたびまとまり、2月20日に開催された審議会において、竹内会長から矢田区長に答申されました。
これは、昨年10月に取りまとめた「中間のまとめ」を基に、パブリックコメントを実施し、そこでいただいた区民の皆さんからのご意見を踏まえ修正を加えたものです。
ここで答申の中から、「答申1 中央区基本構想」の内容について簡単に紹介します。
第1章では、基本構想策定にあたっての背景と目的を明らかにするとともに、役割と理念が示されています。この基本構想を貫く理念は、「平和」を基本に、区民一人一人の生活と権利を尊重し、幸福な区民生活を確立することとしています。
第2章では、中央区の20年後の将来像が示されています。
将来像は、「輝く未来へ橋をかける 人が集まる粋なまち」とし、その趣旨は、江戸以来の歴史に裏打ちされた伝統文化を育みながら輝く未来を創造し、住み・働き・集うすべての人々が、幸せを実感し誇りを持てる都心「中央区」をつくっていくこととしています。
また、将来像の実現に向けて、
(1)「中央区スタイル」を確立し、世界に輝く東京を創造
(2)歴史と伝統を継承し、多彩な魅力があふれる美しいまちを形成
(3)誰もがあこがれ、住みたい・働きたい都心の実現
(4)未来を切り拓く力を育む「創造の場」の構築
(5)多様な絆が融合した「プロアクティブ・コミュニティ」の確立
の5つの基本的な方向性で各施策を検討・構築・展開していくこととしています。
第3章では、将来像の実現に至る施策のみちすじが、第4章では、基本構想実現のための基盤となる行財政運営の考え方が示されています。
区は、この答申を尊重し、「区と区民のまちづくりの憲章」ともなる基本構想として、本年6月の区議会定例会に提出し、議決を経て策定する予定です。
また、この基本構想の実現に向けて、「中央区基本計画」を来年2月をめどに策定します。
なお、審議会の答申内容を掲載した冊子「中央区基本構想等に関する答申」は、区役所(外部サイトへリンク)1階まごころステーション・情報公開コーナー、図書館、区のホームページで閲覧できますのでご覧ください。
◎審議会のこれまでの審議経過は、区のホームページに掲載しています。
◎「答申にあたって」、「『中央区基本構想等に関する答申』の構成」については、2面をご覧ください。

写真:銀座の歩行者天国
▲銀座の歩行者天国

写真:名橋「日本橋」橋洗い
▲名橋「日本橋」橋洗い

写真:桜満開の石川島公園
▲桜満開の石川島公園(外部サイトへリンク)

【問い合わせ(申込)先】 
企画財政課企画主査
電話 03-3546-5213

本文ここまで

以下 奥付けです。

Copyright (c) Chuo City. All rights reserved.