中央区ホームページ
広報紙「区のおしらせ 中央」へ戻る この号の目次へ戻る

本文ここから
区のおしらせ 中央
平成29年2月1日号

中央区防災講演会
過去の大地震に学ぶ
「生き残るチカラ」と「生き延びるチカラ」

昨年全国的に大きな地震が起こりました。中でも、震度7の地震を相次いで記録した熊本地震では、多数の死傷者や建物の倒壊が生じるなど甚大な被害が発生しました。
ここ東京では、今後30年以内に70%の確率でマグニチュード7クラスの地震が発生すると言われており、いつ大地震が襲ってきても不思議ではありません。
そこで今回の講演会では、阪神・淡路大震災において神戸市の応急対策などに携わり、現在も防災・危機管理ジャーナリストとしてご活躍の渡辺実さんをお招きし、過去の大地震における教訓や首都直下地震のシミュレーションを通して、自分や大切な人を守り、生き延びるための「備え」を学びます。

日時
2月16日(木曜日)
午後6時30分から8時30分
(開場午後6時)

会場
銀座ブロッサム(外部サイトへリンク)(中央会館)ホール

対象
区内在住・在勤者、その他防災に関して興味・関心のある方

講師
防災・危機管理ジャーナリスト 渡辺実

定員
900人

費用
無料
◎当日、直接会場へお越しください。
◎当日は、手話通訳者を配置します。

【問い合わせ(申込)先】 
防災課普及係
電話 03-3546-5510

本文ここまで

以下 奥付けです。

Copyright (c) Chuo City. All rights reserved.