中央区ホームページ
広報紙「区のおしらせ 中央」へ戻る この号の目次へ戻る

本文ここから
区のおしらせ 中央
平成28年6月11日号

生活福祉資金などのご案内

低所得世帯、障害者や介護を要する高齢者のいる世帯に対して、資金の貸し付けと相談支援を行うことにより、生活の安定と経済的自立を図ることを目的とした資金です。

福祉資金(福祉費)

出産費用、葬儀費用、福祉用具の購入費用、住居の移転費用、病気・負傷による医療費用(療養期間が1年を超えない場合)、介護サービスを受けるために必要な経費、就職支度費など
◎貸付限度額、返済期間、利子、連帯保証人の要件などは資金種類によって異なります。

福祉資金(緊急小口資金)

失業手当や再就職先からの初回給与が支給されるまでの生活費、医療費を支払ったために一時的に必要となった生活費など

貸付限度額
100,000円
◎無利子、連帯保証人不要、返済期間最大12カ月

教育支援資金

高校、専門学校、短期大学、大学の入学金、授業料など

貸付限度額
・授業料(月額)大学65,000円、短大・専門学校60,000円、高校35,000円
・入学金500,000円
◎無利子、原則連帯保証人不要、返済期間最大14年、未払いの費用のみ対象
◎受験する学校が決まっていれば、合格前であっても「予約申し込み」として申請することが可能です。

不動産担保型生活資金

自己所有の不動産(戸建のみ)にお住まいの低所得高齢者世帯に対して、その不動産を担保に生活資金の貸し付けを行っています。

貸付限度額
土地評価額の70%

総合支援資金

失業などにより日常生活の維持が困難な世帯に対して、継続的な相談支援と就職活動中の生活費などの貸し付けを行っています。
◎年利1.5%(連帯保証人を立てる場合は無利子)、返済期間最大10年、貸付限度額および審査基準などはお問い合わせください。
◎申請に当たっては、生活困窮者自立支援制度における自立相談支援機関の利用が原則として要件となります。

共通

・低所得世帯の収入基準は平均月額で単身者191,000円、2人世帯272,000円、3人世帯335,000円以下(収入基準は毎年改定されます)
・資金によっては民生委員による面接が必要です。
・来所相談は予約制です。
・貸し付け審査には一定期間かかります。申し込みから資金交付まで1カ月以上かかりますので、早めのご相談をお願いします。

【問い合わせ(申込)先】 
中央区社会福祉協議会管理部
電話 03-3206-0506

本文ここまで

以下 奥付けです。

Copyright (c) Chuo City. All rights reserved.