中央区ホームページ
広報紙「区のおしらせ 中央」へ戻る この号の目次へ戻る

本文ここから
区のおしらせ 中央
平成28年6月11日号

18歳になったら選挙に行こう


明るい選挙キャラクター「選挙のめいすいくん」
▲明るい選挙キャラクター「選挙のめいすいくん」

「18歳選挙権」とは
平成27年6月の公職選挙法等の一部改正により、選挙権年齢が「満20歳以上」から「満18歳以上」に引き下げられました(平成28年6月19日施行)。
これに伴い、施行日後に初めて行われる国政選挙(今夏に予定されている参議院議員通常選挙)から、満18歳以上の方の投票が可能です。
また、平成28年1月の公職選挙法の一部改正により、選挙人名簿登録の住所要件も変更となりました。
今までは選挙人名簿の登録日に区内に住所を有している必要がありましたが、この改正により、区内に引き続き3カ月以上住んでいた方で、転出日から4カ月を経過していない方も登録の対象となりました。

選挙権年齢引き下げの背景
日本は少子高齢化、人口減少社会を迎えています。この状況において、日本の未来を作る若い世代の皆さんに、若いうちから主体的に政治に関わってもらいたいという目的があります。
今後の日本の未来を担う若い皆さんご自身のためにも、投票に行きましょう。

投票できる方
選挙で投票するためには、選挙権を有しているだけでなく、選挙人名簿に登録されていることが必要です。
選挙人名簿に登録されるためには、次の全ての要件を満たす必要があります。
・投票日当日までに18歳になっている方
・公示日の前日までに区内に引き続き3カ月以上住んでいる方、または、区内に引き続き3カ月以上住んでいた方で、転出日から4カ月を経過していない方
・日本国籍を有している方
◎選挙人名簿への登録は、住民票がある自治体で行われます。進学や就職などに伴い、実家を離れる場合などは引っ越し先の自治体への転入の届け出が必要です。
◎入場整理券は公示日に世帯ごとに一括して封書で発送します。また、投票日当日に投票所に行けない方は、期日前投票や不在者投票の制度があります。詳しくは「区のおしらせ 中央」6月21日号をご覧ください。


本文ここまで

以下 奥付けです。

Copyright (c) Chuo City. All rights reserved.