中央区ホームページ
広報紙「区のおしらせ 中央」へ戻る この号の目次へ戻る

本文ここから
区のおしらせ 中央
平成28年6月1日号

高次脳機能障害者の支援について

高次脳機能障害とは

脳の病気や事故による外傷などが原因で脳に損傷を受け、その後遺症として記憶・思考・遂行機能・社会的行動といった認知機能が低下している状態を高次脳機能障害と言います。何年もかけて緩やかに回復していきます。
高次脳機能障害がある方にとっては、周囲が障害の特性を理解しサポートすることが大切です。

区の取り組み

区では、今年度より、高次脳機能障害のある方や家族に対する支援や理解のための事業として、今回の講演会の開催のほか、保健師などによる相談会や交流会(年3回)を行います。

講演会「高次脳機能障害の理解と支援について」

日時
6月19日(日曜日)
午前10時から正午

会場
福祉センター(外部サイトへリンク)3階会議室

対象
高次脳機能障害に関心のある区内在住・在勤者

講師
東京慈恵会医科大学附属第三病院リハビリテーション科教授 渡邉 修

定員
60人(先着順)

費用
無料

申し込み方法
6月17日(金曜日)午後5時までに電話またはファクスに(1)講演会名(2)氏名・ふりがな(3)郵便番号・住所(4)電話番号(5)年齢を記入し、または区のホームページの電子申請から申し込む。

託児
7カ月以上のお子さんをお預かりします。希望する方は参加申し込みの際に一緒にお申し込みください(6人程度先着順)。
◎手話通訳、その他介助などの配慮の必要な方は事前にお申し出ください。

【問い合わせ(申込)先】 
福祉センター
電話 03-3545-9311
ファクス 03-3544-0888

本文ここまで

以下 奥付けです。

Copyright (c) Chuo City. All rights reserved.