中央区ホームページ
広報紙「区のおしらせ 中央」へ戻る この号の目次へ戻る

本文ここから
区のおしらせ 中央
平成28年3月21日号

新たな基本構想の策定に着手
20年後を展望した中央区の将来像を描きます


写真:上空から望む中央区
▲上空から望む中央区

基本構想は、区と区民の皆さんのまちづくりの憲章であり、今後の行政運営の指針となるものです。
現在の基本構想は、「生涯躍動へ 都心再生 個性がいきる ひととまち」を区の将来像に掲げ、平成10年に策定しました。以来、この基本構想を区政運営の根幹に据え、さまざまな施策を展開してきましたが、策定当時7万2千人余りであった人口は今や14万人を超えるなど、本区を取り巻く状況は大きく変容しています。
2020年東京オリンピック・パラリンピックとその先を見据えたビジョンをあらためて描くため、今般、新しい基本構想の策定に着手しました。

基本構想審議会がスタート
基本構想審議会は、公募区民の皆さんをはじめ、学識経験者、区議会議員、区内公共的団体の代表者および区職員で構成する附属機関で、区長からの諮問を受けて調査・審議を行います。
2月9日(火曜日)に第1回目の審議会が開催され、会長には江戸東京博物館館長の竹内誠さんが、会長職務代理には明治大学専門職大学院長の市川宏雄さんがそれぞれ選出されました。
その後、新しい基本構想とこの構想を具体化するための施策のあり方について、諮問が行われました。

写真:第1回基本構想審議会の様子
▲第1回基本構想審議会の様子

中央区基本構想審議会委員名簿
区分 氏名 役職など
学識経験者(8名) 竹内 誠 江戸東京博物館館長
市川 宏雄 明治大学専門職大学院長
リシャール コラス シャネル株式会社代表取締役社長
和気 康太 明治学院大学社会学部教授
中西 史 東京学芸大学理科教育学分野講師
金井 利之 東京大学大学院法学政治学研究科教授
伊藤 香織 東京理科大学理工学部教授
榊原 美樹 明治学院大学社会学部講師
区議会議員(7名) 鈴木 久雄 中央区議会議長
石田 英朗 中央区議会副議長
礒野 忠 中央区議会自由民主党議員団幹事長
田中 広一 中央区議会公明党幹事長
志村 孝美 日本共産党中央区議会議員団幹事長
渡部 博年 民主党区民クラブ幹事長
青木 かの 維新の党幹事長
公募区民(5名) 立川 智誉 (京橋地域)
中山 華子 (日本橋地域)
梶原寸真子 (日本橋地域)
松本 紗智 (月島地域)
今井 健 (月島地域)
公共的団体の代表者(15名) 石田 善計 京橋地域町会連合会会長
湧井 恭行 日本橋地域町会連合会会長
鹿島 新吾 月島地域町会連合会会長
古屋 勝彦 中央区文化・国際交流振興協会(外部サイトへリンク)理事長
中野 耕佑 中央区社会福祉協議会(外部サイトへリンク)会長
小林 高光 中央区シルバー人材センター(外部サイトへリンク)会長
三田 芳裕 中央区観光協会副会長
松岡 肇 中央区商店街連合会会長代行副会長
森山 照明 中央区工業団体連合会会長
三田富貴子 中央区女性ネットワーク会長
市川 尚一 中央区医師会会長
大辻 正高 日本橋医師会会長
山本 泰人 中央区体育協会会長
岩崎 滋 中央区PTA連合会会長
大北 恭子 中央区婦人学級連絡会代表
区職員(3名) 齊藤 進 副区長
吉田 不曇 副区長
島田 勝敏 教育委員会教育長

(合計 38名) (敬称略:順不同)

今後の予定
審議会では今後、福祉、まちづくりなどの分野ごとに専門部会を設置し、月1回程度のペースで具体的な検討を進めていきます。
10月から11月ごろにかけて中間のまとめを行い、パブリックコメントなどを実施します。
その後、平成29年2月をめどに審議会としての答申を取りまとめ、同年6月の区議会における議決を経て、新しい基本構想を定める予定です。
なお、次回の審議会は、4月27日(水曜日)午後6時30分から開催します。傍聴の受付など詳細については、「区のおしらせ 中央」や区のホームページでお知らせします。

【問合せ(申込)先】 
企画財政課企画主査
電話 03-3546-5651

本文ここまで

以下 奥付けです。

Copyright (c) Chuo City. All rights reserved.