中央区ホームページ
広報紙「区のおしらせ 中央」へ戻る この号の目次へ戻る

本文ここから
区のおしらせ 中央
平成27年8月21日号

自助の取り組み

自分や家族の命を守る備え

地震発生時の安全対策として自分や家族の身を守るため、家具や電気製品の転倒防止、ガラスの飛散防止などに取り組みましょう。(下図参照)

地震発生時の安全対策

暮らしを維持する備え

災害発生時には、物資の流通も滞り、生活必要品の入手が困難になることが予想されます。各ご家庭の状況に応じ、最低3日分の生活必要品を用意することが大切です。
食料と飲料水の備蓄には「ローリングストック法」が有効です。ローリングストック法とは、日頃使う食料を多めに用意し、消費期限の近い物から消費し、使用した分を補充する方法です。
また、災害が起こると、断水や下水管の損傷によりトイレの使用に支障が生じることがあります。水を使用せずに、防臭、抗菌効果に優れ、衛生的に処理ができる簡易トイレを用意しておきましょう。災害時にご自宅に簡易トイレがない場合には、ダンボール箱やごみ箱に、ポリ袋を入れ、中に新聞紙(水分を吸収させるため)を詰めることで、簡易トイレの代わりとして利用することもできます。
 

本文ここまで

以下 奥付けです。

Copyright (c) Chuo City. All rights reserved.