中央区ホームページ
広報紙「区のおしらせ 中央」へ戻る この号の目次へ戻る

本文ここから
区のおしらせ 中央
平成27年7月1日号

青少年の非行・被害防止全国強調月間
7月1日(水曜日)から31日(金曜日)

内閣府では、7月を「青少年の非行・被害防止全国強調月間」とし、青少年の非行防止などについて取り組みの強化を図っています。
平成26年における全国の刑法犯少年の検挙人数は11年連続で減少していますが、人口比では成人の約3・6倍と依然として高い水準にあります。
青少年を取り巻く社会環境の変化は著しく、薬物乱用や性非行の多発、インターネットや携帯電話を悪用した犯罪の発生、さらには学校でのいじめや不登校、学級崩壊なども懸念されています。加えて近年は児童虐待、児童ポルノ事件などの被害が増加しており、青少年の非行および被害の防止が喫緊の課題になっています。
青少年を非行などから守り健やかに育てていくには、社会全体で取り組む必要があります。それには、家庭や学校を含めた地域が一体となり、「青少年は地域社会が育む」という視点に立って、関係機関・団体と連携を密にした取り組みを進めることが必要です。

区内の少年非行の概況

区内警察署管内で昨年1年間に検挙・補導された非行少年などは下表のとおり387人です。
区では中央・久松・築地・月島補導連絡会や青少年対策地区委員会を中心に、青少年の非行防止や健全育成活動を推進しています。皆さんのご理解とご協力をお願いします。

区内警察署管内で検挙・補導された非行少年などの数(単位:人)
  平成25年 平成26年 増減(対前年)
未就学児童 0 0 0
在学少年 小学生 7 4 マイナス3
中学生 36 54 18
高校生 274 245 マイナス29
大学生 11 11 0
その他 17 5 マイナス12
345 319 マイナス26
少年一般 有職 15 18 3
無職 57 50 マイナス7
72 68 マイナス4
合計 417 387 マイナス30


【問合せ(申込)先】 
文化・生涯学習課青少年係
電話 03-3546-5304

本文ここまで

以下 奥付けです。

Copyright (c) Chuo City. All rights reserved.