中央区ホームページ
広報紙「区のおしらせ 中央」へ戻る この号の目次へ戻る

本文ここから
区のおしらせ 中央
平成27年6月21日号

高齢者などへの居住支援

あんしん居住制度

見守りなどのサービスを提供することで、高齢者などの急病・孤独死などへの不安を解消し、住み慣れた地域で安心して居住できるよう支援する制度です(下表1参照)。

表1 あんしん居住制度の概要
サービス内容 契約期間(※1) 利用費用
見守りサービス(安否確認・緊急時対応サービス) 1年 54,780円から532,600円(※2)
葬儀の実施 5年
残存家財の片付け

(※1)いずれも更新は可能です。
(※2)利用費用は、サービスの組み合わせにより異なります。

あんしん居住制度利用助成
区民の方が区内の賃貸住宅に転居する際に、(公財)東京都防災・建築まちづくりセンターが実施している「あんしん居住制度」を利用する場合、利用費用の一部を助成します。

対象
・60歳以上の高齢者
・障害のある方(障害の程度による条件あり)

助成額
・契約時の預り金で利用する場合は、利用費用の2分の1
・月々のサービス利用料金を支払って利用する場合は、事務手数料

家賃債務保証制度

住宅の賃貸借契約の際に必要となる連帯保証人が見つからないなどの高齢者・障害者・子育て世帯などに対し、スムーズに入居できるよう家賃債務を保証することで、家主が安心して住宅を貸すことができるよう支援する制度です(下表2参照)。

表2 家賃債務保証制度の概要
対象住宅 高齢者世帯の入居を敬遠しない住宅として、高齢者住宅財団と基本約定を締結した賃貸住宅
保証内容 滞納家賃(共益費および管理費含む)原状回復費用および訴訟費用
◎家賃滞納により賃貸住宅を退去する場合に限る。
保証期間 原則2年(賃貸借契約期間に合わせて変更可能、更新も可能)
保証料 月額家賃の35%


家賃債務保証制度利用助成
区民の方が区内の賃貸住宅に転居する際に、一般財団法人高齢者住宅財団が実施している「家賃債務保証制度」を利用する場合、その保証料の一部を助成します。

対象
・満60歳以上の方、または要介護・要支援認定を受けている60歳未満の方(同居者は、配偶者、60歳以上の親族、要介護・要支援認定を受けている60歳未満の親族などに限る)
・障害者世帯(障害の程度による条件あり)
・子育て世帯(扶養義務のある18歳以下の者が同居)

助成額
保証料の2分の1

【問合せ(申込)先】 
住宅課計画指導係
電話 03-3546-5466

・あんしん居住制度について
(公財)東京都防災・建築まちづくりセンター
電話 03-5466-2635

・家賃債務保証制度について
一般財団法人高齢者住宅財団
電話 0120-602-708

本文ここまで

以下 奥付けです。

Copyright (c) Chuo City. All rights reserved.