中央区ホームページ
広報紙「区のおしらせ 中央」へ戻る この号の目次へ戻る

本文ここから
区のおしらせ 中央
平成27年4月11日号

平成27年度予算の主な事業

重点施策別主要事業・見直し事業を紹介します。
単位:千円

災害に強い都心のまちづくり

地域防災力の向上
◎ 防災区民組織に対する装備品供与の充実:地域における防災力の向上を図るため、防災区民組織に対し平成27年度から平成29年度にかけて重点的かつ計画的に資器材の供与を行います。(16,745)
◎防災対策優良マンション認定制度:集合住宅における防災対策の一層の推進とコミュニティ醸成を図るため、一定の条件を満たす集合住宅を防災対策優良マンションとして認定し、防災活動に必要な資器材の供与などを行います。(7,436)
◎マンション向け防災体験プログラム:居住者を主体とした新たな視点からのマンション向け防災訓練を実施し、防災意識の向上とともにコミュニティ醸成を図ります。(969)

地域特性や社会の変化に即応した防災力の向上
◎ 帰宅困難者対策の推進:災害時における帰宅困難者支援施設への人的派遣について運営マニュアルを修正し訓練を実施するほか、帰宅困難者の円滑な誘導を図るため、「帰宅困難者支援マップ(仮称)」を作成し、各防災拠点に配置します。(5,661)

災害に強いまちづくりの推進
◎ 住宅・建築物の耐震化助成:耐震診断・耐震補強工事などを行う旧耐震基準の建築物の所有者に対して、費用の一部または全額を助成します。(1,691,554)
◎電線共同溝の整備:安全で快適な歩行空間の確保や都市景観の向上とともに、災害時における電力や情報通信網の信頼性を維持するため、電線類の地中化を計画的に推進します。(528,969)

犯罪を未然に防ぐ安全・安心なまちづくりの推進
◎防犯設備設置費助成:犯罪のない安全なまちづくりを実現するため、地域団体などが行う防犯設備の設置費用の一部を助成します。また、平成27年度から防犯設備の更新についても助成の対象(過去に区の助成を受けた団体は除く)とします。(30,540)
◎小学校通学路防犯カメラの設置:登下校時における安全対策の強化を図るため、今後4年間で小学校全16校の通学路に防犯カメラの設置を進めていきます。(8,389)

子どもが輝く子育て・教育のまちづくり

すべての子育て世帯に対するサービスの充実
◎ 母子健康診査:乳幼児の健全な育成が図られるよう実施している健康診査について、対象児の増加に伴い1歳6カ月児の実施回数を増やします。(196,760)
◎子どもの居場所「プレディ」:放課後などに子どもが安全に安心して過ごせる子どもの居場所「プレディ」について、保護者のニーズに適切に対応するため利用時間を延長するなど充実を図ります。(327,877)

仕事と子育てを両立できる環境の充実
◎保育定員の拡大など:保育所待機児童の解消を図るため、新たに区内2カ所で開設される私立認可保育所の運営事業者に対する開設準備経費の一部を補助するほか、小規模保育やニーズの高い1歳児の保育枠を弾力的に拡大する期間限定型保育を行う事業者に対し新たに運営費の一部を補助します。また、保育士の人材確保や処遇改善に向け、区が管理する借上住宅の一部を保育士宿舎として活用します。(310,854)
◎ 児童館の日曜開館・利用時間拡大など:児童の健全育成と子育て支援の充実を図るため、全児童館で日曜開館を実施するとともに、午後8時まで利用できる児童館を増やします。また、学童クラブの利用対象を拡大します。(650,899)

個性を生かす教育の充実
◎ 国際教育・理数教育の推進(常盤小・城東小):平成28年度からの新カリキュラム実施に向け、英語授業時数の拡大や「理数の時間」の新設などを行います。また、タブレット端末を導入し、児童の興味・関心や習熟度に応じた個別学習、反復学習などに活用します。(20,655)
◎オリンピック・パラリンピック教育の推進:本区独自の「オリンピック・パラリンピック教育実践校」の指定、大会に参加する世界の国・地域の文化や言葉の学習、応援活動や交流を含めた「中央区版 一校一国運動」への取り組みとともに、オリンピック・パラリンピックの歴史・意義・理念を学ぶ学習やボランティア精神の醸成など、各学校・幼稚園の創意工夫による教育活動を展開します。(6,300)
◎通級指導学級の新設:明正小学校(外部サイトへリンク)に難聴・言語障害に対応した通級指導学級を新たに開設します。《開級予定 平成27年5月》(-)

都心にふさわしい教育環境の整備
◎小学校・幼稚園の改築・増築:平成27年度中に竣工を迎える豊海小学校(外部サイトへリンク)・幼稚園、久松小学校(外部サイトへリンク)・幼稚園の増改築を進めるほか、日本橋小学校(外部サイトへリンク)・幼稚園、有馬小学校(外部サイトへリンク)・幼稚園、月島第三小学校(外部サイトへリンク)晴海幼稚園(外部サイトへリンク)については、増築工事に着手します。(10,570,933)

すべての人々の健康と高齢者のいきがいのあるまちづくり

健康づくりの推進
◎予防接種:合併症による健康リスクの高い「おたふくかぜワクチン」の接種費用について、助成回数を増やします。(14,743)
◎歯科健康診査:高齢者の口腔機能の維持・向上を図るため、75歳以上の方の受診機会を隔年から毎年実施に拡充します。(92,866)
◎ スポーツ推進計画の策定:中長期的な展望のもと、今後の区のスポーツ施策の方向性を明らかにし、体系的・戦略的な事業展開を図るため、スポーツ推進計画を策定します。《策定予定 平成28年9月》(7,231)
◎子どもの得意スポーツ発見事業:体や体力づくりなどのさまざまな体験を通じてスポーツに親しむきっかけとなる新たな教室を開催します。(1,843)

高齢者あんしんネットの拡充
◎ 認知症施策の推進:認知症の方の状態に応じた適切なサービスの流れを示した「認知症ケアパス」を作成するほか、各おとしより相談センターに認知症地域支援推進員を配置するなど、認知症施策の推進を図ります。(22,425)
◎高齢者の孤立防止・生きがい推進懇談会:家に閉じこもりがちな高齢者の孤立化を防ぐため、社会参加や生きがいづくりなどの促進策を検討する懇談会を設置します。(4,834)

高齢者に対するサービスの充実
◎特別養護老人ホーム「マイホームはるみ(外部サイトへリンク)」の定員拡大:平成24年度から実施していた大規模改修の完了に伴い、入所およびショートステイの定員を拡大します。《入所 80人→106人、ショートステイ 8人→11人》(-)

障害者に対するサービスの充実
◎ 子ども発達相談支援体制の構築:支援を必要とする子どもたちへのサポート体制を強化するため、福祉センター(外部サイトへリンク)の臨床心理士を増員するとともに、保健・福祉などに関する知識と経験を持つコーディネーターを新たに配置します。あわせて、心理相談員による巡回指導を私立も含めた全保育所に広げます。また、ライフステージを通じて一貫した支援を行うため、支援情報を関係機関で共有する「育ちのサポートカルテ」を作成します。(24,050)

地球にやさしい水と緑のまちづくり

地球にやさしいまちづくりの推進
◎コミュニティサイクルの導入:自転車総量抑制による放置自転車の減少や区民および事業者の利便性向上などを目的に、コミュニティサイクルの本格導入に向け、実証実験を開始します。《開始予定 平成27年10月》(-)

水と緑のうるおい空間の創出
◎水の都プロジェクトの推進:貴重な水辺空間を区民の憩いの場として活用するため、景観や自然環境と調和した親水性のある水辺の整備に向け、亀島川緑道および朝潮運河親水護岸の整備を進めるほか、月島川についても景観と自然に調和した水辺空間づくりに着手します。(137,476)
◎ 地域による公園自主管理活動支援事業:公園への愛着を深め、地域活動やコミュニティのさらなる活性化を図るため、園内の清掃や芝生の管理、利用者へのマナー指導など、地域の方々が主体的に管理を行うアダプト制度の充実に取り組みます。(1,297)

地域と一体となった循環型社会の形成
◎資源再利用(リサイクル)の推進:小型家電(使用済小型電子機器など)の拠点回収について、回収品目を拡大するとともに、リサイクルハウスかざぐるまを回収拠点に加えて実施し、資源再利用(リサイクル)の一層の推進を図ります。(513,076)

歴史と先進性を生かしたにぎわいのあるまちづくり

都心にふさわしい都市環境と基盤づくり
◎築地場外市場地区先行営業施設の整備・開設準備:築地市場(外部サイトへリンク)移転後も活気とにぎわいを継承するため、小田原橋臨時駐車場等敷地に「築地新市場」を整備するとともに、開設に向けた準備を進めます。《完成予定 平成27年10月》(2,430,469)
◎晴海地区将来ビジョン推進会議(仮称)の運営:晴海地区の地域内交通や環境の先端技術の導入など、平成26年度に策定した晴海地区将来ビジョンの実現に向けた検討を深めていきます。(3,000)
◎駐輪場の整備:放置自転車の解消を目指し、東京駅周辺に続いて銀座地区などにおいて民間事業者を活用した駐輪場を整備します。(11,220)

都心らしいイベントの開催による活力とふれあいのまちづくりの推進
◎ 東京湾大華火祭:区民にうるおいとやすらぎの場を提供することにより、ふるさと意識を高めるとともに、観光商業の発展に資するため、花火大会を実施します。(296,502)

文化的環境づくりの推進
◎まちかど展示館:これまで認定した22の「まちかど展示館」を観光・文化資源として有効に活用するため、各展示館の運営者を中心とする協議会を設置するとともに、展示館を広くPRするためのホームページを開設します。(7,700)

世界に魅力を発信
◎ 外国語によるおもてなしの取組強化:今後想定される外国人来街者へのおもてなしを一層推進するため、中央区民カレッジにおいて区民対象の語学講座を引き続き実施するほか、ボランティアに対する外国語研修を新たに実施し、本区の魅力をアピールしていきます。(-)
◎2020年オリンピック・パラリンピックに向けた検討組織の設置:中央区観光協会において、大会後を含む外国人観光客の誘致に向けた取り組みを検討する組織を設置します。(1,143)
◎観光情報発信ツールのリニューアル:本区の観光情報をより効果的に発信するため、中央区観光協会が情報提供する観光ガイドマップおよびWebサイトのリニューアルを行います。(12,193)
◎ 観光拠点(観光情報センター:仮称)の整備:京橋二丁目の再開発ビルに、多言語での対面案内や無料公衆無線LANの設置などにより、区内のさまざまな観光情報を提供する拠点を整備します。また、都市観光を一層推進するため、新たに区内の魅力的な情報発信のためのコンテンツづくりに取り組みます。(60,000)

商店街・中小企業への支援と商工業のまちの活性化
◎商工業融資:区内中小企業の経営の合理化や設備の近代化の促進を図るため、金融機関を通じて融資を行います。平成27年度は、融資利率を全体的に引き下げるとともに、「創造支援資金融資」の借受人負担利率を引き下げ、中小企業活動のさらなる活性化を図ります。(2,212,504)
◎ 商店街振興プランの策定:経済環境の変化・情報技術の進展などを踏まえた新たな商店街振興プランを策定します。《策定予定 平成27年12月》(11,686)

雇用の促進と就労支援
◎ 生活困窮者自立相談支援事業:生活困窮状態からの早期自立を図るため、自立支援プランの作成や就労相談などの支援を行います。(12,432)

その他の主要事業

◎ 社会保障・税番号制度開始に伴う対応:国民一人ひとりに付番される個人番号が記録されたICチップ付きの個人番号カードの交付事務を円滑に進めるため、臨時窓口を開設します。《開設時期 平成28年1月から4月(予定)》(34,868)
晴海運動場(外部サイトへリンク)の代替施設の確保:2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の選手村整備に伴い、晴海運動場(外部サイトへリンク)の跡地を東京都に返還するため、代替施設として埼玉県三郷市に野球場2面を確保します。(14,648)
◎ 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた区民参加の推進:大会後の区の発展も見据えた取り組みを推進するため、区民、関係団体および区が情報共有や連絡調整を行う会議体を設置します。また、大会の気運醸成を図るため、オリンピック・パラリンピックに関する講演会を開催します。(826)

主な見直し事業

◎ 中央区フォトライブラリーの図書館ホームページ内コンテンツへの統合(△1,109)
◎ 公共施設予約システム利用者端末の一部廃止(△283)
◎ 民間企業等広告入り封筒の活用(△237)
◎ 文化事業助成の整理・統合および事業主体の一元化(-)
◎商工業融資預託金の引き下げ(△200,000)
◎ 高齢者試行雇用奨励金の廃止(△270)
◎ ぜん息児サマーキャンプを宿泊から日帰りへ見直し(△1,915)
◎公園・児童遊園の清掃作業委託の効率化(△3,422)

本文ここまで

以下 奥付けです。

Copyright (c) Chuo City. All rights reserved.