中央区ホームページ
広報紙「区のおしらせ 中央」へ戻る この号の目次へ戻る

本文ここから
区のおしらせ 中央
平成27年3月1日号

ふれあい広場

地域の子育て応援します子育てリーダーCHUO

写真:メンバーの皆さん
▲子育てリーダーCHUOの代表嘉山さん(中央)とお話を伺ったメンバーの皆さん

核家族の増加や地域コミュニティの希薄化に伴い、不安を抱えたまま孤立している育児家庭が増えているといわれています。このような孤立感の解消に向け、地域で子育てに取り組む力に期待が寄せられています。
区内では、地域で子育てのできる環境づくりを目指し、活動をしている「子育てリーダーCHUO」という団体があります。子育てリーダーCHUOは、中央区地域家庭教育推進協議会の「子育てリーダー養成講座」を履修した方を中心に、社会教育会館で育児中の親向けの講習や、女性センター「ブーケ21」(外部サイトへリンク)の講座の際の託児ボランティアを行っています。
今回は、代表の嘉山順惠さんとメンバーの方にお話を伺いました。
保育士経験のある嘉山さんは、「今の時代、人と会話をせずに、自分の知りたい育児の情報を集めることができます。でも、その情報と自分の子どもとのギャップに不安を感じる親が多い」と現代の子育ての問題点を指摘します。育児中の親の中には、「調べてみるとこう書いてあるのに私の子はまだできない」と思い詰めてしまう人も少なくないそうです。そこで、子育てリーダーCHUOのメンバーが、「うちの子もできないことがあったのよ」と自分の経験を交え語りかけると、親の表情がぱっと明るくなるといいます。親自身が人と関わり、気持ちを素直に表せる場を持つことが大切だと教えてくれました。そのような場を持てるよう、新しく中央区に越してきた育児中の親でも、地域の人と関われるような講習会を行っています。
先日行われたベビーダンスの講習会では、爽やかな汗を流しながら参加者同士の話も弾み、講習会の後には楽しそうに一緒に帰る姿も見受けられました。その様子を見送った子育てリーダーCHUOの皆さんの嬉しそうな笑顔がとても印象的でした。
また、メンバーの方はあるお母さんの「久々に大人の方と話しました」という言葉が忘れられないといいます。その方は、区内に越してきたばかりで、子どもと二人こもりがちの生活が続いていましたが、講習会に参加し、同世代の子を持つ親と自分の気持ちを共有できたと、晴れやかな表情で帰られたそうです。「でも、不安を抱えて子育てをしている人の中には、一歩が踏み出せない人もいるはず。地域とつながるきっかけになる活動を続けていきたい」と活動への思いを話されました。子育て中の方はぜひ、子育てリーダーCHUOの講習会に参加して、子育ての輪を広げてみてはいかがでしょうか。

写真:ベビーダンス講習会の様子
▲ベビーダンス講習会で体を動かしリフレッシュする親子の様子

本文ここまで

以下 奥付けです。

Copyright (c) Chuo City. All rights reserved.