中央区ホームページ
広報紙「区のおしらせ 中央」へ戻る この号の目次へ戻る

本文ここから
区のおしらせ 中央
平成27年2月11日号

区政モニターを体験して

区政モニターの貴重な二年間 三上一夫(月島在住)

写真 三上一夫
区政モニター制度を広報紙で知り、モニターに応募しました。動機は「民間の意見、要望が、少しでも行政の役にに立てば」という思いでした。区役所本庁や特別出張所などの行政直轄部署やいきいき館、スポーツセンター、高齢者施設などの運営委託された各施設を自分なりにチェックして回りました。結果は私の「民間の意見、要望を役立たせる」の主旨が気恥ずかしく思えるくらいに、各部署、各施設の対応は満足のいくものでした。よく言われる「お役所仕事」はもう中央区では完全になくなっていると思いました。特に印象深かったのは、高齢者施設への見学の際の若い職員の話でした。「一日中、入浴のお世話をするので、手も足も体中が蒸気でむくむのですよ」と嫌な顔もせずに明るく話してくれた笑顔が爽やかで心を打たれました。今や 運営システムが完全に定着し成熟期に入ったように感じます。行政が充実している割に区民は果たしてどうであろうかと自問しました。区民が行政に関心を持ち、批判ばかりするのではなく、全ての意見に耳を傾け、互いに住みよい中央区を築きあげることが大切だと強く感じました。ケネディ大統領の就任演説「国が諸君のために何ができるか問いたもうな、諸君が国のために何ができるかを問いたまえ」の演説を借用し、区政モニターの感想とします。

区政モニターを体験して期待すること 広木卓(月島在住)

写真 広木卓
私は中央区に転入して3年目で、モニターは夜間の部で2年間務めさせていただきました。「新住民」として中央区のことを知りたいと思い、モニターに応募しました。
モニターの施設見学は衛生、環境、福祉、教育などさまざまでしたが、実際に施設内に入れていただいて、担当職員のお話も直接聞かせていただき、勉強になりました。また、テーマを決めてのモニター会議は担当課長さんのお話や、他のモニターの皆さんのお考えもよく分かり、有意義で新鮮なものでした。
区政世論調査によると中央区では80%以上の方がマンションなどの集合住宅に住んでおり、同じく80%以上の方が今後も中央区に住み続けたい意向だそうですが、いずれも驚くべき数字です。また65歳以上のいわゆる高齢者の方が20%未満で、モニターも若い方が比較的多く「区長への手紙」などの広聴活動も50歳未満の若い層が多いということも特徴的です。
私は、新しく区民になられた方、それも若い世代の方が、ぜひモニターに応募され、新鮮な視点と意見を区当局に寄せられること、区当局もそれによって行政センスを一層磨けるようになっていただくことを期待しています。

平成27年度 区政モニター募集

区民の皆さんの多様なご意見、ご要望を直接お聴きして区政に反映させる方法として、「区政モニター制度」があります。
モニター会議は平日の昼間と夜間の時間帯を設けています。区が抱えるさまざまな課題や事例について、皆さんのご提案などをお聴かせください。

活動内容

検討会など(年5回以内開催予定)への出席
昼間は原則として平日の午後2時から、夜間は平日の午後6時30分からそれぞれ2時間程度行います。
検討会などの議事録の要旨は区のホームページで公開します。
・第1回目は委嘱式(5月中旬予定)
・第2から4回目(予定)はテーマ別課題・事例検討会
・年度最終回は全体会
 (平成28年2月予定)
◎昼間モニターと夜間モニターとの合同により平日の昼間時間帯に開催します。

施設見学会への参加
区の施設などを平日の半日程度バスで見学し、各施設の管理運営などについての感想や意見をお聴きします。

アンケート調査の回答
区政に関するアンケート調査に協力していただきます。

モニター通信の提出
区政に対する意見、要望などを随時提出していただきます。

募集要項

応募資格
平成27年4月1日現在、区内に引き続き6カ月以上お住まいで20歳以上の方、区政モニター経験者の場合は5年以上経過した方、外国籍の方は日本語で日常会話ができる方
◎公務員の方は応募できません。

募集人員
昼間モニター・夜間モニター
各20名程度

任期
1年(委嘱した日から平成28年3月まで)
◎希望により引き続く1回に限り再任が可能な場合があります。

謝礼
年額1万3千円の範囲内(口座振込による支払い)

託児
会議の際には、希望により1歳以上の未就学児をお預かりし、託児員がお世話します(昼間モニターのみ)。

応募方法
3月6日(必着)までに区役所(外部サイトへリンク)1階まごころステーション、日本橋特別出張所(外部サイトへリンク)月島特別出張所(外部サイトへリンク)中央区保健所(外部サイトへリンク)日本橋保健センター(外部サイトへリンク)月島保健センター(外部サイトへリンク)、各図書館、各社会教育会館、各いきいき館(敬老館)などにある申込用紙に必要事項を記入の上、区役所(外部サイトへリンク)2階広報課広聴係へ持参、郵送、ファクスまたは区のホームページの電子申請から申込む。

選考
地域・年齢・性別などを考慮して選考し、結果は4月上旬までにお知らせします。
◎申込用紙は、郵送またはファクスでお送りすることもできますので、ご希望の方は電話でお問合せください。

【問合せ(申込)先】 
〒104-8404
中央区築地1-1-1
広報課広聴係
電話 03-3546-5222
ファクス 03-3546-2095

本文ここまで

以下 奥付けです。

Copyright (c) Chuo City. All rights reserved.