中央区ホームページ
広報紙「区のおしらせ 中央」へ戻る  この号の目次へ戻る

本文ここから
区のおしらせ 中央
平成27年1月11日号

こんにちは区長です

中央区長 矢田美英
写真 区長の顔

 
 「第九を聴かないと年を越せない」。そうしたファンに応えて12月20日、晴海トリトンスクエアにおいてベートーベン作曲交響曲第九番がNPO法人中央区第九記念合唱団(旧第九の会)
 180名のメンバーと中央区交響楽団の65名により、約千人の聴衆の前で盛大に公演されました。
 夢と希望に満ちた新しい年を予言するかのような、力強い「歓喜の歌」の合唱・演奏ぶりに、万雷の拍手を浴びていました。トリトンスクエア公演は平成18年から毎年行われており、合唱団、交響楽団は全員がアマチュアです。「暮れの第九」は各地で開催されていますが、実は昭和13(1938)年12月に現在のNHK交響楽団により歌舞伎座で合唱・演奏されてから全国に広まっていったということです。
 また、今回は第一部として月島第一小児童48名が「いのちの歌」「ジングルベル」などを、佃中生徒23名が「アメージンググレイス」などを合唱したほかシベリウス作曲の交響詩「フィンランディア」も披露されました。最後に観客も一緒に「はな」「ふるさと」を歌い、余韻を楽しみました。

本文ここまで

以下 奥付けです。

Copyright (c) Chuo City. All rights reserved.