中央区ホームページ
広報紙「区のおしらせ 中央」へ戻る この号の目次へ戻る

本文ここから
区のおしらせ 中央
平成26年11月11日号

平成27年4月から子ども・子育て支援新制度がスタートします

子ども・子育て支援新制度って何ですか?

幼児期の学校教育や保育、地域の子育て支援に関する取り組みを、区市町村が中心になって総合的に進めていく新しい制度です。国が新制度の実施のために消費税増税分を財源として確保し、それを活用しながら子育てを社会全体で支えていきます。

新制度になると何が変わるのですか?

給付制度が導入されます
新制度では、幼稚園などでの幼児教育と、保育を必要とする子どもへの保育を個人の権利として保障するために、給付制度が導入されます。
給付対象となる幼稚園、保育園、認定こども園、家庭的保育事業などを利用した場合、その費用に関し、公費から給付が受けられるようになります。
この給付は、確実に教育・保育に要する経費に充てるため、利用者の皆さんに直接給付するのではなく、区から施設などに支払う仕組み(法定代理受領といいます)となっています(下図1参照)。

写真:法定代理受領のイメージ


地域子ども・子育て支援事業を実施します
全ての子育て家庭を支援するため、家庭で子育てをする保護者も利用できる「一時預かり保育」など、地域でのさまざまな子育て支援事業を引き続き実施していきます(下表参照)

主な地域子ども・子育て支援事業
・一時預かり保育
・子育て交流サロン「あかちゃん天国」(地域子育て支援拠点事業)
・子どもショートステイ、トワイライトステイ(子育て短期支援事業))
・ファミリー・サポート・センター事業(子育て援助活動支援事業)
・病児・病後児保育
・学童クラブ(放課後児童健全育成事業)
・子どもの居場所「プレディ」(放課後子ども教室


給付の対象となる施設・事業にはどんなものがあるのですか?

教育・保育施設(下表1)および地域型保育事業(下表2)があります。

表1 教育・保育施設
施設種別 お子さんの年齢 内容
幼稚園 3歳から就学前まで 小学校以降の教育の基礎をつくるための幼児期の教育を行う施設です。
保護者の就労などの有無にかかわらず利用できます。
◎私立の幼稚園については、運営事業者の意向により、新制度の給付対象施設に移行する園と、現行制度のまま継続する園があります。区立幼稚園は全て移行します。
保育園 0歳から就学前まで 就労などのため家庭で保育できないお子さんを、
保護者に代わって保育する施設です。
認定こども園 0歳から就学前まで 幼稚園と保育園の機能を併せ持ち、教育・保育を一体的に行う施設です。


東京都認証保育所について
認証保育所は、東京都が独自に認証した認可外保育施設であり、新制度の給付対象とはなりません。利用手続きは従来と変わらず、直接施設にお申込みいただいた上で入所決定となります。
また、現在区が行っている保育料補助(認可保育園に在園した場合の月額保育料の差額に応じた保育料の補助)も継続していきます。

中央区外の私立幼稚園に入園する場合
中央区外の私立幼稚園に入園する場合は、園にお問合せいただき、新制度の給付対象に移行するかどうかを確認してください。
移行する場合は、下図3「利用手続き・認定の流れ」にある「支給認定申請」の手続きをお願いします。
移行しない場合は、新制度の給付対象にならないため、「支給認定申請」の手続きは必要ありません。

表2 地域型保育事業
事業種別 内容
家庭的保育事業 保育者(保育ママ)がその自宅において、家庭的な雰囲気の中で少人数(定員5人以下)を対象にきめ細やかな保育を行います。
小規模保育事業 少人数(定員6人から19人)を対象に、家庭的保育に近い雰囲気の中できめ細やかな保育を行います。
事業所内保育事業 事業所の保育施設などで、従業員のお子さんだけでなく、地域の保育を必要とするお子さんも一緒に保育を行います。
居宅訪問型保育事業 障害・疾患などで個別のケアが必要な場合などに、保護者の自宅で1対1で保育を行います。

地域型保育事業とは、少人数の単位で0歳から2歳までのお子さんを預かる事業です。
◎小規模保育事業、事業所内保育事業、居宅訪問型保育事業については、中央区においてどのように導入し、実施していくかを今後検討します。

給付対象の施設や事業を利用するにはどうすればいいのですか?

利用にあたって、教育・保育の必要性に応じた「支給認定」を受けていただく必要があります。
利用する施設などに応じて下図2のとおり3つの認定区分に分かれます。

写真:3つの認定区分

下図3のとおり「支給認定申請」を行い、「支給認定証」の交付を受けてください。

写真:支給認定申請
●支給認定申請●


パンフレットの配布
新制度のPRパンフレットを各幼稚園・保育園などを通じて在園されている方に配布しています。また、区役所(外部サイトへリンク)6階子育て支援課、日本橋特別出張所(外部サイトへリンク)月島特別出張所(外部サイトへリンク)中央区保健所(外部サイトへリンク)日本橋保健センター(外部サイトへリンク)月島保健センター(外部サイトへリンク)、子ども家庭支援センター、各児童館、各あかちゃん天国の窓口でも配布しています。
◎新制度のお知らせは区のホームページでもご案内しています。

【問合せ(申込)先】 
子育て支援課子育て施策推進主査
電話 03-3546-5681

本文ここまで

以下 奥付けです。

Copyright (c) Chuo City. All rights reserved.