中央区ホームページ
広報紙「区のおしらせ 中央」へ戻る この号の目次へ戻る

本文ここから
区のおしらせ 中央
平成26年10月11日号

住宅に関する事業のご案内

住宅修繕等資金の融資あっせん

住宅の修繕や木造住宅の耐震補強などをしようとする方で、その資金を調達することが困難な場合に、低利の融資が受けられるよう指定金融機関にあっせんします。

対象となる住宅
・区内に所在するもの
・建築基準法上適法のもの
・居住部分の床面積が240平方メートル以下であるもの

修繕などの範囲
・住宅の安全性、耐久性、居住性を高める工事
◎増築または改築工事で建築確認申請を必要とする工事は、対象となりません。

申込資格
・修繕工事をする住宅に居住または、修繕後に居住しようとしていること
・住民税を滞納していないこと
・融資を受けた資金の返還およびその利子の支払いについて十分な能力を有すること
・この制度による資金融資を受け、償還中の者でないこと
・返済完了時の年齢が80歳未満であること

融資額
工事費用の範囲内で、20万円から1万円を単位として700万円まで
◎融資あっせんの決定を受けた方は、指定金融機関と融資契約を締結し、工事完了後に融資を受けることになります。なお、融資を受ける方は信用保証会社などに申請をし、保証料を負担していただきます。指定金融機関の審査結果によっては、融資契約が締結できない場合があります。
◎必ず工事着工する1カ月前までにお申込みください。

【問合せ(申込)先】 
住宅課計画指導係
電話 03-3546-5466


高齢者等の居住支援

あんしん居住制度利用助成

区民の方が区内の賃貸住宅に転居する際に、公益財団法人 東京都防災・建築まちづくりセンターが実施している「あんしん居住制度」を利用する場合、利用費用の一部を助成します。

対象
・60歳以上の高齢者
・障害のある方(障害の程度による条件あり)

助成額
・預かり金タイプは利用費用の2分の1
・月払いタイプは事務手数料
◎詳しくはお問合せください

家賃債務保証制度利用助成

区民の方が区内の賃貸住宅に転居する際に、一般財団法人 高齢者住宅財団が実施している「家賃債務保証制度」を利用する場合、その保証料の一部を助成します。

対象
・満60歳以上の方、または、要介護・要支援認定を受けている60歳未満の方(同居者は配偶者、満60歳以上の親族、要介護・要支援認定を受けている60歳未満の親族などに限る)
・障害者世帯(障害の程度による条件あり)
・子育て世帯(扶養義務のある18歳以下の者が同居)

助成額
・保証料の2分の1

住宅住み替え相談

住み替えの困難な高齢者に宅地建物取引業協会の協力を得て民間賃貸住宅への住み替え支援を行います。また、一般世帯を対象に公共住宅の案内など住宅相談を行っています(住宅の紹介は高齢者世帯のみ)。

相談日時
・毎月第2・第4火曜日 午後1時から4時(要予約)

相談員
・公益財団法人 東京都宅地建物取引業協会千代田中央支部の相談員、区職員

【問合せ(申込)先】 
・あんしん居住制度について
 公益財団法人 東京都防災・建築まちづくりセンター
 電話 03-5466-2635

・家賃債務保証制度について
 一般財団法人 高齢者住宅財団
 電話 03-3206-6437

・あんしん居住制度利用助成および家賃債務保証制度利用助成について
 住宅課計画指導係
 電話 03-3546-5466

・住宅住み替え相談について
 高齢者福祉課高齢者サービス係
 電話 03-3546-5355

本文ここまで

以下 奥付けです。

Copyright (c) Chuo City. All rights reserved.