中央区ホームページ
広報紙「区のおしらせ 中央」へ戻る この号の目次へ戻る

本文ここから
区のおしらせ 中央
平成26年9月1日号

9月は”食べよう野菜350運動”強化月間
毎日350g以上の野菜を食べよう

9月は、「食生活改善普及運動」実施月間です。この運動は、一人ひとりが食生活改善の重要性を再認識して、日常の食生活での実践を促進するために国が実施している取り組みです。
そこで区では、9月を“食べよう野菜350(サン・ゴー・マル)運動”強化月間として、健康の維持・増進のために野菜を食べることを推進する運動を実施していきます。
野菜の1日の望ましい摂取量や野菜摂取の重要性を理解し、日々の食生活に今より多くの野菜料理をとりいれ、生活習慣病の予防につなげていきませんか。

写真:食べよう野菜350


食べよう野菜350運動

「中央区健康・食育プラン2013」では、健康の維持・増進のために成人1日あたり350g以上の野菜を食べることを推進しています。
今月実施する公立保育園・こども園、小学校・中学校、保健所・保健センターでの取り組みを紹介します。

保育園・こども園の給食
子ども達に人気のカレーライスに、食育野菜キャラクターの野菜、トマト・ピーマン・にんじんを入れて、“サンゴーマルカレー”として提供します。

小学校・中学校の給食
9月に“野菜の日”を設けます。普段の献立でも野菜はさまざまな料理に使用していますが、“野菜の日”の献立では、小学生は1皿約60g・中学生は1皿約70gの野菜を使った料理を小皿で提供し、1皿の目安を見て理解しながら食べます。

野菜料理の紹介
保健所・保健センターでは、中央区ホームページ「食育ガイド」に、簡単にできるおすすめ野菜料理を掲載します。ぜひ、ご活用ください。
写真:野菜料理検索
●トップページから検索できます●

野菜を食べよう!

◎1日に必要な野菜の量は、350g以上です。
◎緑黄色野菜と淡色野菜(その他の野菜)を組み合わせて、350g以上の野菜を食べます。

緑黄色野菜120g
  原則として、可食部100g当りカロテン含量が600μg以上の野菜

淡色野菜230g
  緑黄色野菜以外の野菜

◎小鉢1皿分の野菜料理には、約70gの野菜が使われています。1日3食で5皿の野菜料理を食べることを意識すると、350gの野菜がとりやすくなります。

写真:野菜目標量

【問合せ(申込)先】 
中央区保健所健康推進課栄養担当
電話 03-3541-4260

本文ここまで

以下 奥付けです。

Copyright (c) Chuo City. All rights reserved.