中央区ホームページ
広報紙「区のおしらせ 中央」へ戻る この号の目次へ戻る

本文ここから
区のおしらせ 中央
平成26年1月11日号

交通事故で国民健康保険を使うときには必ず届け出を

交通事故や傷害事件など、第三者(加害者)から受けたけがの治療費は、原則として加害者が負担すべきものです。
しかし、加害者がすぐに治療費を払えないなど、やむを得ない場合は、区に届け出を行うと国民健康保険証を使って治療を受けることができます。
国民健康保険証を使ったときは、治療費から一部負担金を除いた額を、国民健康保険が加害者の代わりに医療機関などに立て替えて支払い、後日加害者に立て替えた分を請求します。
なお、次のようなときは、国民健康保険証は使えません。
・加害者からすでに治療費を受け取ったり、示談を済ませたとき
・業務中や通勤中の事故のとき
・被害者が、飲酒運転や無免許運転などの違法行為をしていたとき

【問合せ(申込)先】 
保険年金課給付係
電話 03-3546-5361

本文ここまで

以下 奥付けです。

Copyright (c) Chuo City. All rights reserved.