中央区ホームページ
広報紙「区のおしらせ 中央」へ戻る この号の目次へ戻る

本文ここから
区のおしらせ 中央
平成26年1月1日号

新春座談会

写真 新春座談会の全体写真

新年明けまして
 おめでとうございます
  輝かしい新春を迎え 中央区民
   皆さま方のご健勝とご多幸を
    心からお祈り申し上げます

中央区長
 矢田美英
 (やだよしひで)


 昨年は区政万般にわたり温かいご支援・ご協力をいただき、誠にありがとうございました。おかげで各施策とも大いに充実・発展させることができました。心から感謝・御礼申し上げます。
 定住人口は昨年4月に13万人を突破し、昭和42年以来46年ぶりに13万人台を回復いたしました。その後も若い世代を中心に増え続けており、本区はますますにぎわいと活気にあふれております。
 今年も区民の皆さまが生涯を通じていきいきと暮らし活動し続けるための基盤を確実に整備し、未来に希望を持ち「快適な都心居住」を謳歌できる、「100万人が住み・働き・楽しめるまち中央区」の実現に向け、区の総力をあげてまいりますので、どうかよろしくご指導・ご鞭撻のほどお願いいたします。
 さて、昨年9月に2020年オリンピック・パラリンピック競技大会が東京開催と決定した瞬間の感動と期待は、皆さまも記憶に新しいことと存じます。1964年の東京オリンピックから56年ぶりとなる大会は、大半の競技会場まで半径8キロメートルというコンパクトな計画であり、その中心に位置する晴海地区に選手村が建設されます。区はこうした機会を捉え、築地や銀座、日本橋、月島のまちづくりなどと一体となって良好なまちづくりに一段と弾みをつけ、区議会をはじめ区民、関係方面と力を合わせて中央区の黄金時代を築き上げる決意です。
 また、本区を訪れる世界各国からの選手や関係者など、多くの皆さんを「おもてなしの心」でお迎えしたいと思います。そのため、将来を担う子どもたちが語学力やボランティア精神といった世界に飛躍できる資質や能力を伸ばす国際理解教育の充実に一段と努め、「教育の中央区」にふさわしい質の高い教育を推進してまいります。
 そこで、本日は2度にわたるオリンピック女子マラソンメダリストであり、体育の日に実施しております「区民スポーツの日」のゲストランナーとしてもご支援いただいております有森裕子さん、オリンピック女子バレーボールメダリストでアメリカ代表として活躍されたヨーコ・ゼッターランドさん、長野オリンピックに出場された安藤和明さん、中央区体育協会会長の山本たいとさん、中央区スポーツ推進委員の百瀬修至さんにお集まりいただき、「スポーツと教育」〈2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、中央区の未来を築く〉をテーマに新春座談会を開催いたしました。

Profile 有森 裕子さん オリンピック女子マラソンメダリスト Profile ヨーコ・ゼッターランドさん オリンピック女子バレーボールメダリスト(アメリカ代表)
Profile 安藤 和明さん 長野オリンピックフリースタイルスキー出場 Profile 山本 たいとさん 中央区体育協会会長
Profile 百瀬 修至さん 中央区スポーツ推進委員 矢田 美英区長

本文ここまで

以下 奥付けです。

Copyright (c) Chuo City. All rights reserved.