中央区ホームページ
広報紙「区のおしらせ 中央」へ戻る この号の目次へ戻る

本文ここから
区のおしらせ 中央
平成25年11月21日号

第43回区政世論調査の結果

区民の皆さんの意見を統計的に把握し、今後の区政運営の基礎資料とするため、5月に区政世論調査を実施しました。その結果がまとまりましたので、主なものをお知らせします。今回は、「定住性」「防災対策」「健康診査」「高齢者対策」「子育て支援」「男女共同参画社会」「防犯対策」「スポーツ」「中央区コミュニティバス(江戸バス)の運行」「施策の要望・評価」の10項目についてお伺いしました。

調査の概要

調査対象
満20歳以上の男女個人(外国人区民を除く)

対象
2千人

回収結果
回収数 1,047
回収率 52・4%

調査時期
平成25年5月

定住性
「住み続けたい」、「できれば住み続けたい」の定住意向のある人が9割近くとなっています。

定住意向

防災対策
災害情報を得る手段として有効だと思うものは、「緊急告知ラジオ」、「防災行政無線(屋外スピーカー)」、「インターネット」がそれぞれ5割近くとなっています。

災害情報を得る有効な手段

また、防災対策に女性の視点を生かしていくために必要なことでは、「防災区民組織や防災拠点運営委員会のメンバーへの女性の参画」が5割を超えています。

防災対策に女性の視点を生かしていくために必要なこと

健康診査
健康診査の受診状況では、「勤務先(家族の勤務先を含む)で実施する健康診査を受けた」が4割で、「健康診査は受けていない」が約2割となっています。

健康診査の受診状況

高齢者対策
介護が必要となった場合、「主に介護サービスなどを利用して、自宅で暮らしたい」が3割台半ばで、次に「高齢者向けの住宅に住み替えて、介護サービスなどを利用しながら暮らしたい」が2割を超えています。

要介護時における暮らし方

子育て支援
次世代育成のための支援では、「保育園・認定こども園・幼稚園等の施設整備」が4割台半ばで、「一時預かり保育、延長保育、病児・病後児保育などの保育サービスの充実」が4割を超えています。

区に望む子育て支援策

男女共同参画社会
男女の地位の平等感について、「平等になっている」と感じるのは、教育の場(学校・大学)では?で7割近く、家庭では?で5割近くとなっています。

男女の地位の平等感

防犯対策
不安に感じる犯罪は、4割近くの方が「空き巣」と回答しています。

不安に感じる犯罪

スポーツ
過去1年間に行ったスポーツや運動の頻度は、「週に1から2日程度」が約3割で、次に「月に1から3日程度」と「週に3日以上」が続いています。

過去1年間に行ったスポーツや運動の頻度

中央区コミュニティバス(江戸バス)の運行
江戸バスの利用頻度は、「知っているが、利用したことはない」が約4割で、以下「過去に数回利用したことがある」と「月に1から3回程度利用している」の順になっています。

江戸バスの利用頻度

施策の要望・評価
区の施策について満足度と重要度を伺いました。
満足度の上位5項目は、(1)公園・緑地・水辺の整備(2)清掃・リサイクル事業の推進(3)子育て支援(4)保健衛生(5)観光振興で、下位5項目は、(1)駐車場・駐輪場の整備(2)住宅対策(3)再開発などによる地域整備(4)公園・緑地・水辺の整備(5)道路環境整備、交通安全対策(5)高齢者福祉・介護となっています。
重要度では、(1)高齢者福祉・介護(2)子育て支援(3)防災対策(4)防犯対策(5)障害者福祉が上位5項目となっています。
施策への要望では、(1)高齢者福祉・介護(2)子育て支援(3)防災対策(4)公園・緑地・水辺の整備(5)防犯対策となっています。

報告書の閲覧など
調査報告書は、区役所(外部サイトへリンク)1階情報公開コーナー、京橋図書館(外部サイトへリンク)日本橋図書館(外部サイトへリンク)月島図書館(外部サイトへリンク)で閲覧・貸し出しを行っています。
概要版は区役所(外部サイトへリンク)1階まごころステーション、日本橋特別出張所(外部サイトへリンク)月島特別出張所(外部サイトへリンク)で配布しているほか、区のホームページからもダウンロードできます。
調査へのご協力ありがとうございました。

【問合せ先】 
広報課広聴係
電話 03-3546-5222

本文ここまで

以下 奥付けです。

Copyright (c) Chuo City. All rights reserved.