中央区ホームページ
広報紙「区のおしらせ 中央」へ戻る この号の目次へ戻る

本文ここから
区のおしらせ 中央
平成25年8月11日号

分譲マンション管理セミナー マンション管理組合における防災対策 首都直下型地震にどう対応すればよいか

いつ発生するかわからない地震や災害に対しては日頃からの備えが大切です。マンション居住の世帯が特に多い本区では、賃貸マンションにおいてはその管理者が、分譲マンションにおいては管理組合としての役割が大変重要です。防災というと備蓄がキーワードになっています。これは大変重要ですが、それだけでなく発生後にどう対応すればよいかを考える必要があります。
地震は発生の時間帯によっても大きく変わります。日中で理事会役員が不在の場合、逆に深夜で管理員も管理会社も連絡つかない場合、それぞれの状況において突然の災害に急には対応できません。日頃からどのように対応すればよいかを想定し、準備しておくことが重要です。首都直下型のように大規模な地震の場合、いわゆる「公助」は地震発生後、一定の期間は期待できないと言われています。そのため、マンション内での共助がとても重要になってきます。
そこで、今回のセミナーでは、地震発生の際の管理組合としてやるべきことと責任などについて学びます。

日時
8月31日(土曜日) 午後1時30分から3時30分

会場
区役所(外部サイトへリンク)8階大会議室

対象
区内の分譲マンションにお住まいの区分所有者および管理組合の役員

内容
マンション管理組合における防災対策

講師
マンション管理士 飯田勝啓

◎セミナー終了後に中央区分譲マンション管理組合交流会員との座談会を行います。

定員
100名(先着順)

費用
無料

申込方法
8月12日(月曜日)から30日(金曜日)午後5時まで(土曜日・日曜日を除く)に電話またはファクスに(1)マンション名(2)所在地(3)氏名(4)電話番号を記入して申込む。

【問合せ(申込)先】 
中央区都市整備公社
電話 03-3561-5191
ファクス 03-3561-5192

本文ここまで

以下 奥付けです。

Copyright (c) Chuo City. All rights reserved.