中央区ホームページ
広報紙「区のおしらせ 中央」へ戻る この号の目次へ戻る

本文ここから
区のおしらせ 中央
平成25年3月11日号

未来に向け 一人ひとりの力とわがまちへの思いを一つに紡ぐ

山中伸弥教授は、天然資源が少ない日本の将来にとって、科学技術の振興が重要な鍵を握ることを指摘し、そのための子どもたちを含めた人材育成へのメッセージとして「花だけを買ってくるわけにはいかないのです。ちゃんと土に種があると信じて水をやり続けることが必要なのです。それをしないと、花は咲きません。」と語っておられます。
本区は江戸以来、わが国の文化・商業・情報の中心として栄えてまいりました。そこには、町人のまちとして発展する中で連綿と受け継がれてきた「人への思いやり」や物を大切にする「もったいないの心」、明治の文明開化とともに近代日本の基礎を築いてきた「先進性」、大正から昭和にかけて幾多の災害や戦火から立ち上がってきた「不屈の精神」など、先人の知恵とたゆまぬ努力によって培われた豊かな土壌に恵まれています。そして、この地に芽生えたたくさんの種を慈しみ、大切に水を与え続けていくことこそが、希望に満ちた明日の地域社会をつくる礎であり、また、今を生きる私たちに課せられた責務にほかなりません。
今日の繁栄を未来へつなげ、次代を担う子どもたちに夢を与え続けるためにも、区民お一人おひとりの力とわがまちへの思いを一つに紡ぎ、世界に輝きを放つ「未来創造都市 中央区」のさらなる躍進に向けて皆さまとともに力強く歩みを進めてまいる決意であります。
重ねて区議会ならびに区民皆さま方のご理解とご協力をお願い申し上げ、所信表明といたします。

本文ここまで

以下 奥付けです。

Copyright (c) Chuo City. All rights reserved.